デリケートゾーンの自己処理は注意!VIO脱毛のメリット

デリケートゾーンの自己処理は注意!VIO脱毛のメリット

デリケートゾーンの脱毛事情

デリケートゾーンとは、一般的に脱毛業界で使われている「VIO」のこと。でも、プロとはいえどもエステティシャンに自分のアソコを見せるのって、抵抗ありますよね?Vラインはまだしも、Iライン・Oラインはかなり勇気がいるもの。

実際、どの位アンダーヘアのお手入れしている人がいるか気になる所ですが、今どき女子は早い内からVIO脱毛を行っているのです!

しかし、まだまだ脱毛サロンで行うには抵抗があり自己処理で済ませてしまう人も多いのも事実。デリケートゾーンの自己処理は色素沈着など起こしやすく肌ダメージが大きいので注意が必要です!

Vラインはどこまで? VIOのパーツ

vioのパーツイラスト

まずは「Vライン」「Iライン」「Oライン」のラココの脱毛範囲を確認しましょう。 Vラインは「ビキニライン」のことで前部分トライアングルの両サイド。いわゆるショーツのサイド部分のイメージ(上や中は含まれませんのでご注意)。 Iラインは大腿部の間の部分で下着に隠れている所。 Oラインは肛門周りです。 (実際の基準や範囲は脱毛サロンによって異なるので、事前に確認しましょう。)

ちょっと待った!! そのセルフケアは大丈夫?!

ビキニラインの自己処理イラスト

アンダーヘアの自己処理はカミソリやシェーバーで「剃る」派が多いようです。 実際に耳にしたセルフケアで気をつけたい事を見てみましょう。

  • Vラインは形を決めるのが難しく、範囲がどんどん狭くなり、生えてくると余計気になる
  • 毛抜きやワックスで無理に抜いたことにより、毛穴が炎症し化膿することも
  • 毛が伸びたらチクチクしたり、すぐに太く目立つので毎日剃っていたら肌が黒ずんでしまう
  • 毛穴がブツブツしてきて、皮膚を傷つけてしまいやすい
  • 毛が皮膚上に出てこなくなり、埋没毛が増える

見えづらい部分になると処理に時間がかかり、首や背中が痛くなったなどの苦労もあるあるですね。

女性でもついつい気になるこんな時は? VIO脱毛のきっかけ

ビキニ、ビーチサンダルのイラスト

VIO脱毛をされたお客さまの声から、VIO脱毛のきっかけ

  • 水着からはみ出すのが気になったから
  • お産をした友人が「妊娠する前に処理しておけばよかった」と言っていたので
  • 生理中の不快感がイヤ
  • 友人と温泉に入った時に、みんな処理していたから
  • 自己処理が面倒になってきたから

痛みは? VIO脱毛の意外なメリット

デリケートゾーン故に脱毛には痛みがつきもの、と思っていた方には朗報です!

多くの脱毛サロンで使われているIPL方式などは、メラニン色素に反応させて毛根にダメージを与えているので、どうしても黒く太い毛はより痛みが伴っていました。

しかし、ラココの美容脱毛はSHR(Super Hair Removal)方式というもので、脱毛効果は変わらず痛みがほぼゼロ!しかも、短時間のハイスピード脱毛。 毛量・毛質・肌状態によって個人差がございますが、今まで他社サロンでの脱毛で痛みに耐えられなかったお客さまも、「ラココなら大丈夫!」と嬉しい声をいただいています。

実際にVIO脱毛をするとこんなメリットがあります!

ビキニを着た笑顔の女性イラスト

VIO脱毛のメリット

  • ムレ、かゆみ、かぶれが治まった!
  • ラココは毛周期に関係なく毎月脱毛できるので、脱毛期間中も自己処理が不要になって、すぐに楽になった!
  • 臭いが気にならなくなった
  • イベント前に慌てて自己処理する必要が無くなった分、肌のお手入れに時間をかけられる
  • 彼(旦那)がキレイな肌を褒めてくれるようになった

きれいな肌になれるのは女性も男性も嬉しいもの。 是非あなたも始めてみませんか?

VIO脱毛のコースを探す

脱毛のいろは辞典TOPへ戻る

SPECIAL キャンペーン

無料カウンセリング&お試し体験 ご予約はコチラ

無料カウンセリング&お試し体験 ご予約はコチラ