気になるアンダーヘアのお手入れ・脱毛人口&事件簿

気になるアンダーヘアのお手入れ・脱毛人口&事件簿

アンダーヘア処理は女子力のバロメーター?

女性も男性も、恋愛が絡むと特にアンダーヘアの処理事情って気になりますよね。水着を着る機会になるとお手入れする人も多いと思いますが、日常においてもアンダーヘアを処理しておくと、ムレやニオイを軽減できるなどメリットも沢山。

デリケートゾーンは人に見せられなく自己処理をする人が多いですが、ちょっと痛い笑える失敗談も。今どきの処理事情をチェックしてみましょう。

今どきのアンダーヘアお手入れ事情

意外に多い、アンダーヘア処理派

年代にもよって差は出てきますが、今やアンダーヘアのお手入れは常識となってきている様子。「何かしら処理している」のお手入れ回答を見ると、「Vライン」「毛の長さを整える」が圧倒的に多く、次いで「Iライン」「Oライン」のお手入れもする派が。欧米では主流のハイジニーナ(全処理)を希望する女性も増えて来ています。

大手サロンや情報サイトのアンケート結果では、20〜30代の女性の約7割がアンダーヘアの処理を行っているというデータも! 今や、デリケートゾーンの処理は欧米並みになってきた感じですね。 男性のホンネでも、アンダーヘアは処理して欲しいと思っている人が約7割という驚きの結果も!

デリケートゾーンは今やお手入れするのが身だしなみのようです。

アンダーヘアは形が命!あるある事件簿

デリケートなだけに、事件続発!

負傷
「毛を空いている時にハサミの先端でアソコの肉を切ってしまった」 「凹凸が多いのでカミソリの刃で切ってしまった」 「毛をお香で焼いてカットしようとしたら、地肌につけて火傷してしまった」

これってなかなか血も止まらず思わぬ惨事に! 自己処理が必要な場合は、ヒートカッターや顔用のシェーバーを使うようにしましょう。

埋没毛を無理矢理抜いて傷跡に
「皮膚奥に毛が入り込んで皮膚内で炎症したように患部が腫れた」 「無理矢理毛抜きで掘り出したら出血して毛穴が色素沈着してしまった」

傷が出来たら特に治りにくい部位。毛抜きやワックスなど抜く自己処理だと起きやすい埋没毛は要注意!

下着からのハミ毛で赤面
「温泉の脱衣所で友達がショーツからワサーっと毛がはみ出ていてビックリ」 「アノ時に彼氏からはみ出ていると指摘されてその後集中できなかった」

形が不自然に
「逆三角形の予定が左右バランスを整えているうちに味付け海苔みたいに」 「IラインとVゾーンの境がパッツンすぎてカツラがのっかった感じになった」

やっぱり後悔しないためにも、専門の脱毛サロンへお願いするのがベスト。万が一、自己処理でトラブルが出たら医療機関に早めに相談しましょう。

脱毛のお役立ち情報TOPへ戻る

SPECIAL キャンペーン

無料カウンセリング&お試し体験 ご予約はコチラ

無料カウンセリング&お試し体験 ご予約はコチラ