2018.01.24ライフスタイル

もう「朝が弱い」なんて言いません!二度寝・寝坊しない5つの方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

二度寝・寝坊しない方法

「朝が弱くてなかなか起きられない……」「二度寝が気持ち良い……」など、なかなか一度で起きることができなくて、二度寝や寝坊を繰り返していませんか?

確かに二度寝は心地が良いため、ついつい「あと5分だけ」と再び目を閉じてしまうこともあるものです。しかし、二度寝が原因で出掛ける準備の時間が減って慌てたり、遅刻したりするのは困りもの。なかなか治らない二度寝や寝坊。実は防ぐことが可能です。

二度寝・寝坊してしまう原因とは?

そもそも、なぜ二度寝をしてしまうのでしょう?その原因は、主に「寝不足」「疲れ」「寒くてベッドから出られない」「生活習慣の乱れ」などが考えられます。

前日に遅くまで起きていたり、仕事がハードで体の疲れがとれていなかったりすることは、多くの現代人に見られます。では、どのようにすれば二度寝や寝坊を改善できるのでしょうか。

環境を変えて、二度寝・寝坊を予防する

二度寝・寝坊しない環境まずは、環境を変えて二度寝・寝坊を予防しましょう。

・目覚まし時計の音を工夫する

多くの方が活用している目覚まし時計。特にスマートフォンのアラーム機能を使用している方が多いでしょう。そこでおすすめなのが、「アラームを好きな音楽に設定する」ことです。

お気に入りの音楽を朝から聴けるのは心地が良いですよね。明るい曲であれば気分も上がりますし、起きやすくなることでしょう。

・カーテンを開けて日光を浴びる

朝日を浴びると目覚めが良くなりやすいため、カーテンを開けて日光を浴びることも大切です。部屋の照明でも目覚めをよくすることができるため、起床後すぐに照明をつけられるようリモコンを枕元に置いておくと良いでしょう。

・起きてすぐにガムをかむ

さらに効果的なのが、ガムをかむこと。ガムをかんで脳に刺激を与えると、目が覚めやすくなります。ガムを枕元に置いておき、起床してすぐにガムをかめるように準備しておきましょう。ただし、横になったままガムを食べると喉に詰まってしまう可能性があるため、体を起こして食べてください。

習慣を変えて、二度寝・寝坊を予防する

二度寝・寝坊しない習慣ここからは、生活習慣を変えて二度寝や寝坊を予防する方法をご紹介します。

夜更かしをしない

夜更かしの習慣がある方は、改善するよう心掛けましょう。夜遅くまで起きて、スマートフォンをいじったりテレビを見たりすることはNGです。睡眠不足を引き起こし、翌朝二度寝や寝坊をしやすくなります。眠りにつきやすいよう、カフェインを控えることも重要です。

頻繁な夜更かしは、二度寝や寝坊だけでなく、体調不良の原因になることも。夜更かしの習慣は、なるべくすぐに改善するよう努めましょう。

就寝直前の食事、入浴は控える

夕食や夜の入浴のタイミングも睡眠に影響します。食事は就寝の3時間前までに済ませ、入浴は1時間前までに済ませることが大切です。これは、睡眠の質を左右することにつながります。

就寝直前に食事をすることで寝つきが悪くなったり、睡眠中も内臓が活動したりするため、睡眠の質を低下させてしまいます。また、就寝前の入浴で目を覚ましてしまうことが、寝つきの悪さの原因になることも。ぜひ「食事は就寝3時間前までに」「入浴は就寝1時間前までに」を習慣づけましょう。

おわりに

二度寝は気持ちが良いものですが、寝坊や遅刻の原因になる場合があります。1日を気持ち良く過ごすためにも、できるだけ予防できるよう心掛けていきましょう。また、夜更かしは肌荒れやクマの原因になる場合があります。美しい肌を保つためにも良い生活リズムを意識しましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。