2017.07.21ライフスタイル

玄米「だけ」はもう遅い?ダイエットの強い味方「雑穀米」とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

玄米「だけ」はもう遅い?ダイエットの強い味方「雑穀米」とは

最近、体形を気にする方や健康志向の方から注目の「雑穀米」をご存じですか?「雑穀」と聞くと何だかおいしくなさそう…と思われるかもしれませんが、私たちが大好きなカフェのランチでも見かけるくらい身近な食べ物です。白米に混ぜて炊くだけなので、自宅でも簡単に食べられる健康食です。今回はおいしくて体にいい「雑穀米」について調べてみました。

雑穀米とは?

雑穀米とは?

雑穀米には、その名の通り、米類(玄米・赤米・黒米など)、麦類(大麦・押し麦・ハト麦・もち麦など)、雑穀(あわ・ひえ・きび・そばの実・アマランサスなど)、豆類(小豆・大豆・黒豆など)と、実に多くの穀物が含まれています。雑穀米はこれらを白米に混ぜて炊いたご飯のことです。穀物によって栄養が違うため、その日の体調や料理によって選び合わせてみても楽しいですね。

雑穀米に期待できる美容パワー

雑穀米には、体の内外から美容に気遣う私たちにとって欠かせない栄養がたくさん含まれています。雑穀は全粒穀物(ぜんりゅうこくもつ)なので、玄米と同じように栄養価が高いです。タンパク質、ビタミンの他、カルシウム、リン、鉄分、カリウム、亜鉛などの体に必要なミネラルがバランスよく含まれています。食物繊維も豊富なため、体から疲れを押し出すのを助けてくれるはたらきも期待できます。

黒米、赤米、あわ、きびなど、日本で昔から作られている古代米には、ポリフェノールが多く含まれていて、体を若々しく保つのに役立ちます。赤米は体の冷えに良いことで知られています。
麦類の美容パワーも負けていません。まず、押し麦はストレス対策に良いことで知られています。大麦に多く含まれる水溶性食物繊維は、毎朝のお腹すっきりを助けてくれることでしょう。ハト麦には利尿作用があることが知られています。最近ダイエットに注目されているもち麦は、食物繊維が豊富で、糖や脂肪が気になる方に特に知っていただきたい食品の1つです。
また、アマランサスには豊富な鉄分、亜鉛やビタミンB6が含まれていて、体のふらつきや肌の不調といった女性に多い悩みをサポートしてくれることでしょう。
この他にもあわ、キヌア、大豆には必須アミノ酸が豊富に含まれています。

体にやさしい雑穀米を使って、おいしくアレンジ!

黒米はお赤飯のような紫色のご飯に、きびはほんのり黄色になるなど、炊けた後の雑穀米は彩りが美しく、もちもちやプチプチとした食感も楽しめます。
白米に混ぜて炊飯器で炊くだけなのでとっても手軽。スープのとろみづけにも雑穀を使うと満腹感が得られるため、食事をセーブしている方にはおすすめの食品です。

雑穀米はダイエットの味方?

雑穀米はダイエットの味方?

雑穀米はどうしてダイエットに向いているのでしょうか。主な理由は3つあります。

1.食物繊維&栄養バランス

雑穀米には食物繊維がたっぷり含まれているため、腸を助けてくれることで知られています。お腹のポッコリ解消も期待できます。栄養価が高く、体に必要なミネラルも整えられるので、体を活発に動かすエネルギーも十分。健康的な生活につながります。

2.少量で大満足!

炭水化物は体に必要な栄養素で、体を動かすのに欠かせないエネルギー源です。白米ではついつい食べ過ぎてしまう方も、雑穀米なら、カロリーは白米と同じ程度ですが、噛み応えがある分、ご飯の量を減らしても満腹感が得られます。おかずも少なめで十分ですので、ダイエッターでも安心の食品です。

3.美しく健康な肌♡に近づける

雑穀米は、代謝を高めるタンパク質とビタミンB群、美肌に良いビタミンEなどを含むのでスベスベ肌のサポートも期待できます。ご飯をおいしく食べてキレイになれるなんて、まさに一石二鳥ですね。

雑穀米ダイエットのポイント

雑穀はどのくらい食べたら良いのでしょうか。最後に雑穀米の食べ方のポイントを押さえておきましょう。

適量は?

雑穀だけで食べると、食物繊維が多くなり過ぎて逆効果になる恐れがあります。1日大さじ2杯分くらいを目安にしましょう。白米に比べて消化が良くないので、お腹の調子が良くない時は控えてくださいね。水に浸してから炊飯することで、柔らかくおいしくなり、消化も良く、栄養も吸収しやすくなります。
毎食、白米の代わりに雑穀米を食べると効果を実感しやすいので、おすすめです。

食べ合わせで美肌効果をアップ!

旬の野菜や緑黄色野菜と一緒に食べることで、雑穀米にはあまり含まれていないビタミンAやビタミンCを補うことができます。ぜひ野菜を使ったおいしいおかずを用意してくださいね。

おわりに

このコラムを読んでいる方の中にも、健康的な理想体形を目指してダイエット中の方がいらっしゃるかもしれませんね。ダイエットをする際は無理をせず、栄養のバランスのとれた食事をとりましょう。私たちの体を動かすためには、ある程度の炭水化物が必要です。白米を断つ、玄米だけで我慢するのではなく、さまざまな食感や味を楽しめる雑穀米を試してみてください。ダイエットをおいしくサポートしてくれますよ。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。