2017.03.09ライフスタイル

手軽にできるウォーキング!痩せるのに効果的な距離・時間は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痩せるのに効果的な距離・時間

女性にとって、体重が増えることは大きな悩みのタネです。簡単に増えるのに、減らすのは難しいのが体重の憎いところです。
世の中にはさまざまなダイエット方法がありますが、ダイエットと聞くとまず食事制限を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。しかし食事を制限するには、友人や同僚からのお誘いを断って、好物を我慢して…とストレスも溜まりがち。そこでおすすめしたいのが、無理せず気軽に始められるウォーキングです。

ウォーキングのメリットとは?

ウォーキングのメリット

ウォーキングは有酸素運動の1つです。有酸素運動とは、酸素を体にたくさん取り入れて、その酸素で体内の脂肪を燃焼させる運動のことをいいます。したがって、ウォーキングを継続して行うことで、しなやかでスラリとした体形に近づくことが期待できます。
さらには、ウォーキングを行うことで下半身を中心に筋肉がつきます。脂肪が筋肉に変換されることで、基礎代謝アップにつながります。基礎代謝がアップすれば、ダイエットがリバウンドしてしまうリスクも減ることでしょう。

ウォーキングは、毎日の通勤・通学時間などを利用して行える運動です。このため、無駄に時間を使うことがありません。もちろん、ウォーキングのために時間を作っても良く、外を歩くのではなくジムのランニングマシンを使用しても構いません。

ウォーキングを始めるときのポイント

ウォーキングを始める

ウォーキングにもコツがあります。ただ漫然と歩くのではなく、ポイントを押さえて行いましょう。

ウォーキングの距離

ウォーキングやランニングを始める人の多くが、距離をノルマにしてしまいがちです。距離を目標に設定しても効果がない訳ではありませんが、重要なのはウォーキングを習慣づけることです。距離にとらわれるのではなく、毎日続けることを目標にしましょう。

ウォーキングの時間

ウォーキングの時間ですが、例えば、これまで特に運動をしていなかった方が「よし!今日から2時間歩くぞ!」など無理な目標を立ててしまうと、長続きしません。まずは無理なく歩ける時間からスタートしてください。目安は「適度に心地よく疲れるくらいの時間」です。こうすれば無理なく続けることができ、さらにウォーキングの効果もアップします。
時間の目安ですが、最初は20分くらいから始めると良いでしょう。20分で大丈夫だと思えば、10分単位で時間を延ばしていくと効果的です。

ウォーキングの歩き方

ウォーキングの歩き方は、いつもの歩き方と多少異なります。ウォーキングの歩き方をマスターすれば、さらに効果が期待できるため、ぜひチェックして身につけてください。

ウォーキングのコツ

まず、歩幅はできるだけ広めに取るようにして、地面を踏みしめる感覚で歩きます。普段は腕をあまり動かして歩いていないかもしれませんが、ウォーキングのときは腕を振ることを意識しましょう。ダランと腕を伸ばすのではなく、肘を90度に曲げてリズム良く振るのがおすすめです。
また、いつもは自然と疲れないような歩き方をしています。ウォーキングのときは、逆に体全体を使って、疲れるように歩くのがコツです。

ウォーキングには軽装がおすすめ

ウォーキング用ではない靴で歩き回ると、靴擦れを起こしてしまうかもしれません。足に負担のかからない靴を用意して、靴擦れが起きないようにしましょう。また、服装は季節に合わせて用意しましょう。夏場は汗だくになってしまうので、通気性に優れている服がおすすめです。冬場には防寒対策は必須ですが、ウォーキングしているうちに体が熱くなってしまうので、脱ぎ着して調節できるようにしておくと安心です。

おわりに

ウォーキングを継続して続けることによって、確実にダイエットをサポートすることができます。すぐに効果が表れることはないかもしれません。大切なのは継続です。途中で投げ出してしまうのではなく、最初は無理のないレベルから地道にコツコツと取り組みましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。