2018.03.23スキンケア

熱めの長湯は今日からSTOP!美肌に近づく3つのお風呂習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

美肌に近づく3つのお風呂習慣
「熱いお風呂にゆっくりとつかるのが好き」「健康・美容のために長時間の半身浴をしている」といった女性は多いですよね。入浴は健康や美容に良いとされている、日本の習慣です。

しかし、健康に良いからと「長湯」「高い温度での入浴」などを行っている方は要注意。もしかしたら逆効果になっているかもしれません。

そこで今回は「健康・美容に良い入浴方法」についてご紹介します。

お風呂の入り方が肌コンディションに影響する

お風呂の入り方が肌コンディションに影響する
「お風呂なんて入ればどんな入り方でも同じ」と考えていませんか?しかし、温度や入浴にかける時間、入り方などによっては身体や肌に負担をかけてしまうことがあるのです。

例えば、熱めの長湯は肌の皮脂を必要以上に落とすため、乾燥肌を促進してしまう恐れがありますし、長すぎる入浴は毛穴が開きっぱなしになるため肌の水分がどんどん失われてしまい、肌のハリを失う可能性や脱水症に陥る可能性もあります。

このように、お風呂の入り方ひとつで肌のコンディションは大きく左右されるのです。

適温・おすすめの時間はどれくらい?

適温・おすすめの時間はどれくらい?
それでは、入浴時の適温や、入浴にかけるおすすめの時間はどのくらいなのでしょうか。

1.湯音は39度!ぬるめがベスト

一般的に、適温であるとされている温度は39度です。季節によっては38度でも十分暖かさを感じますが、寒い時期は39度程度がベストだといわれています。程よく温かく、肌に負担をかけにくい温度のため、覚えておきましょう。

ちなみに、42度などやや高めの温度になると肌が乾燥してしまう恐れがある他、心臓にも負担をかける可能性があるため注意が必要です。

2.10~20分を目安に入ろう

気になる入浴の時間ですが、目安は10~20分です。これ以上は肌や身体に負担をかけるため、おすすめできません。

具体的な入浴時間は「お風呂の温度」もそうですが、「身体が温まったか」なども考慮して決めましょう。

3.食後1時間以内の入浴は控えよう

夕食をとってすぐに入浴している、という女性は要注意です。入浴すると体中の血液が皮膚に集中するため、消化器官の血液の量が不足してしまいます。その結果、消化が悪くなり胃腸のトラブルを引き起こす可能性があるのです。

最短でも食後1時間は入浴を控えるか、夕食前に入浴を済ませることが望ましいでしょう。

脱毛直後は特に気をつけて!

現在「脱毛直後」もしくは「脱毛を検討している」という女性の場合、入浴については普段以上に気をつけなければなりません。

思わぬトラブルを防ぐためにも、その理由について確認しましょう。

肌に負担がかかる

まず、脱毛直後の肌は非常にデリケートです。そのため、熱いお風呂や長風呂は肌に大きな負担を与えます。脱毛直後~2日ほどはぬるま湯につかる、シャワーのみにするなど、入浴には気を遣ってください。

肌トラブルを引き起こす可能性も…

脱毛直後に、肌に負担をかけるような入浴をすると、さまざまな肌トラブルを引き起こすことがあります。「かゆみ」「赤み」「乾燥」「ピリピリ感」など、不快な症状に悩まされないよう、肌の様子をよく観察しながら入浴を楽しみましょう。

おわりに

健康や美容、身体の疲れを癒やすために欠かせない入浴。毎日のバスタイムで「デトックスのために汗をかこう」と頑張って熱いお風呂に入ったり、半身浴で無理に長風呂をしていたりした方もいらっしゃるのでは?しかし、実際は「熱いお風呂」も「長風呂」も、健康、美容には好ましくない習慣です。これからは、ぜひ適切な入浴方法で美肌を目指してください。また、現在脱毛を予定している方や脱毛中の方は、入浴で肌を刺激しないように十分に気をつけましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。