ラココのCSR活動(企業の社会的責任)

近年、世界中で、環境破壊、貧困など様々な社会的問題が深刻化しています。また、物流などネットワークの発達によって、個々の組織の活動が社会に与える影響はますます大きく、そして広がるようになってきています。
ラココではCSR(企業の社会的責任)を経営の根幹と位置付け、社会のニーズと課題解決に向けステークホルダーと共に積極的に推進してまいります。

ルカ•モドリッチ チャリティーイベント2018 WE ARE THE FUTURE

日時:2018.9.22(土) 13:00〜15:00
場所:フィスコフットサルアレナとしまえん

ラココは、“ルカ•モドリッチ チャリティーイベント2018”に協賛いたしました

今回のイベントは、クロアチア代表をワールドカップ(W杯)ロシア大会準優勝に導き、親日家としても知られるレアル・マドリードMFルカ・モドリッチ選手が、小児がんと戦う日本の子どもたちを救いたいと希望、W杯準決勝イングランド戦で着用したユニホームを、日本でのチャリティーのために提供したいと提案したことをきっかけに立ち上がりました。

モドリッチ選手はスペインリーグのシーズン中で来日できないため、元イタリア代表・アレッサンドロ・デルピエロ氏にイベントの参加を依頼しました。
そして、2018年9月22日、フィスコフットサルアレナとしまえんにて「公益財団法人がんの子どもを守る会」へのチャリティーとして実施、デルピエロ氏、元横綱朝青龍氏、元日本代表の岩本輝雄氏、磯貝洋光氏、そしてチャリティー大使を務める実業家のROLAND氏が来場し、日本の小児がんと闘う子供たちや家族のためのサッカー教室やフットサル大会が開催されました。

なお、イベントで集まった寄付金は、CCAJ(公益財団法人・がんの子供を守る会)に寄付されました。

LUKA MODORIĆ 
ルカ・モドリッチ選手
クロアチア出身。レアル・マドリード所属の同国代表サッカー選手。
ポジションはミッドフィルダー。主にセントラルミッドフィルダーとしてプレーする。
2018FIFAワールドカップではクロアチアを初の準優勝に導き、大会MVPにあたるゴールデンボールを受賞した。
ラココは、これからも子どもたちを
応援していきます。