LACOCO COLUMN

脱毛
2023.11.1
家庭用脱毛器と脱毛サロンはどう違う?効果や価格、仕上がりのキレイさをまるごと比較!

長期間、ムダ毛を生えないようにするための代表的な方法はこちらの2つです。

●家庭用脱毛器でセルフ脱毛を行う
●脱毛サロンやクリニックに通う


家庭用脱毛器と脱毛サロンのどちらを選べばよいの?と悩んでいる方も多いのではないでしょうか。そこで今回は家庭用脱毛器と脱毛サロンを効果や価格、お肌への影響や卒業までの目安などありとあらゆる角度で徹底的に比べてみました。

家庭用脱毛器で最後まで脱毛できるの?
お肌に影響はない?
やっぱり脱毛サロンのほうが確実に効果が出るのでは?

こんな疑問を解決できる内容ですのでぜひ最後まで読んでくださいね。

家庭用脱毛器とは?しくみ・効果・価格を解説

家庭用脱毛器とは、一般ユーザーが使用することを想定して開発・販売されている脱毛器です。家庭用脱毛器のほとんどは「光脱毛」や「フラッシュ脱毛」と呼ばれるタイプ。メーカーによっては光エステや光美容器と呼ぶこともあります。

家庭用脱毛器の種類

家庭用脱毛器を脱毛方式によって3種類に分類してみました。

IPL方式SSC方式毛抜き方式
脱毛のしくみIPLという黒い色に反応する光を照射してムダ毛にアプローチする抑毛効果があるジェルを塗布してジェルの浸透を促す光を照射するローラー等で物理的にムダ毛を挟んで抜く
効果の持続期間一定期間持続する一定期間持続する1週間程度で新しい毛が生えてくる
脱毛効果
痛みやや痛いやや痛い痛い

聞き慣れないアルファベットや用語が多く、難しく感じるかもしれませんが、かんたんにいうと、毛抜き方式以外は長期的な効果が期待できるということ。IPL方式とSSC方式はムダ毛にアプローチできる光を照射してムダ毛の成長を抑制したり、減らしたりします。

家庭用脱毛器の効果

家庭用脱毛器の効果は、永久脱毛ではありません。シェーバーや毛抜きタイプの脱毛器による処理のようにすぐにキレイになるわけでもありません。光やレーザーを何度も照射することで、徐々にムダ毛を作る組織にアプローチします。

家庭用脱毛器の価格

家庭用脱毛器の価格はメーカーによってまちまちですが大体3万円から8万円程度で購入できます。またメーカーによっては照射回数の上限値が決まっており、上限値に達すると「フィルター」や「カートリッジ」と呼ばれる部品を追加で購入する必要があります。また脱毛時に使用するジェルの費用がかかることも。

家庭用脱毛器で全身脱毛が完了するまでにかかる費用は、6万円から12万円程度と考えておくとよいでしょう。

脱毛サロンとは? しくみと効果、価格を解説

脱毛サロンはどんな場所なのでしょうか。脱毛サロンの概要や脱毛のしくみ、効果、脱毛に必要な費用について解説します。

脱毛サロンのしくみと効果

脱毛サロンではサロン専用の高出力の脱毛マシンで無駄毛をケアします。脱毛サロンでのムダ毛ケアは脱毛マシンの種類によって以下の通り分類できます。

IPL方式SHR方式SSC方式ニードル方式
脱毛のしくみIPLという黒い色に反応する光を照射してムダ毛にアプローチする光を連射して皮膚に熱を貯めてムダ毛を作る組織にアプローチする抑毛効果があるジェルを塗布してジェルの浸透を促す光を照射する毛穴に細い針を挿入して電気等を流す
効果の持続期間一定期間持続する一定期間持続する一定期間持続する施術をした毛穴からはムダ毛が生えない
脱毛効果
痛み強いほぼなしややあり非常に強い

脱毛サロンの脱毛の仕組みの種類は、家庭用脱毛器とほとんど変わりません。脱毛サロンでもムダ毛に効果がある光を照射して、ムダ毛にアプローチします。

脱毛サロンでのIPL方式やSHR方式は家庭用よりもパワーが強いので、効果も実感しやすく効果の持続期間も長いといわれています。

脱毛サロンやクリニックのみで行えるのはニードル脱毛です。ニードル脱毛は毛穴にニードルを挿入してムダ毛を作る組織を破壊します。効果は医療脱毛を含めてもっとも高い脱毛方法ではありますが、痛みが非常に強いため通常の方法で脱毛ができない部位に使用するといった使い方が一般的です。

脱毛サロンの価格

脱毛サロンの価格は、全身脱毛5回・6回であれば10万円から20万円ほどです。顔だけ、VIOだけといった部位別の脱毛であればもっと費用はリーズナブル。プロに施術をしてもらえるので、家庭用脱毛器よりも高額にはなります。

家庭用脱毛器と脱毛サロンを徹底比較!【効果、効果の持続期間、痛み、価格面、仕上がりのキレイさなど】

家庭用脱毛器と脱毛サロンの脱毛のしくみや効果をざっくりと理解したところで、家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いを徹底的に比較します。結局どちらがよいの? と悩んでいる方は必見です。

家庭用脱毛器脱毛サロン
効果効果はあるが脱毛サロンよりも低い5回程度の施術で脱毛効果を実感できるようになる
効果の持続期間一定期間、ムダ毛が減る一定期間、自己処理が不要になる
痛み機種によっては痛い脱毛方式によっては非常に痛い
価格本体価格は3万円〜10万円程度全身脱毛5回・6回:10万円〜20万円
施術のスピード全身2時間から3時間程度脱毛方式によっては全身1時間弱で完了
施術の手間1人では背中やお尻等の照射が難しい脱毛のプロが施術するから何もする必要はない
美肌効果
脱毛範囲機種によっては顔やVIOが照射NGほとんどの脱毛サロンでNGなし

効果で比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

家庭用脱毛器と脱毛サロンを効果で比較すると、圧倒的に脱毛サロンの効果が高いです。なぜならば脱毛サロンの使用している脱毛マシンは家庭用マシンの20倍から30倍程度。

ムダ毛に効率よくアプローチできるSHR方式のマシンを使用している脱毛サロンであれば、最短で6ヶ月での脱毛卒業も期待できます。

一方で家庭用脱毛器は誰が使ってもヤケドや炎症等のトラブルが起きないように弱いパワーに設定されています。光のパワーが弱ければ高い脱毛効果は得られません。ただしまったく効果がないわけではなく、コツコツ定期的に光を照射し続けることで「ムダ毛が減ってきた」程度の効果は実感できます。

効果の持続期間で比較!家庭用脱毛器と脱毛サロン

家庭用脱毛器と脱毛サロンを効果の持続期間で比較すると、長期間効果が持続するのは脱毛サロンです。脱毛サロンの脱毛では、数年以上効果が持続していると実感しているお客さまが少なくありません。

痛みで比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

家庭用脱毛器と脱毛サロンの痛みは、家庭用脱毛器の機種やサロンで使っている脱毛機によって大きな差があります。

家庭用
[冷却装置あり]
家庭用
[冷却装置なし]
サロン
[IPL方式]
サロン
[SHR方式]
痛み感じにくい痛くない痛いと感じる方が多いほぼ無痛
熱さほとんど感じない熱さを感じるほとんどの方が熱いと感じるじんわり暖かいと感じる

家庭用脱毛器は冷却装置が搭載されていいるタイプであれば、痛みや熱さを感じにくい傾向です。そういった機能がないタイプのものは機種によって、熱さを感じる方もいらっしゃいます。

IPL方式の脱毛機を使用している脱毛サロンでは、熱さや痛みを感じることが多く、SHR方式であれば痛みや熱さはほとんどありません。

熱さや痛さなどの不快な感覚については、家庭用脱毛器と脱毛サロンは「機種によってかなり違う」という結論ですね。痛さや熱さが苦手な方は、冷却機能付きの家庭用脱毛器やSHR方式を採用している脱毛サロンを選ぶとよいですね。

価格で比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

家庭用脱毛器は3万円から10万円、脱毛サロンは5・6回の施術で10万円から20万円ほどかかります。純粋に価格面を比較すると家庭用脱毛器のほうがリーズナブルですね!

ただし、「自己処理が不要なレベル」を家庭用脱毛器で目指すことは難しいですが、脱毛サロンでは施術回数を重ねれば自己処理不要なレベルも目指せます。

効果と価格のバランスを考えると家庭用脱毛器が安いとは言えないかもしれませんね!

施術のスピードで比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

家庭用脱毛器と脱毛サロンの施術のスピードを比べると、圧倒的に脱毛サロンのほうがスピーディーです。SHR方式を採用している脱毛サロンであれば全身1周1時間ほど。家庭用脱毛器は連射式であっても2時間から3時間ほどかかってしまいます。

脱毛の時間は短いほうがよいとお考えの方は脱毛サロンがよいですね。

施術の手間で比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

脱毛の際にめんどうくささを感じるのは家庭用脱毛器です。ご家族や友人の協力が得られない場合、背中やお尻といった手が届かない部位への照射は難しくなります。また1秒に1回程度しか照射できないため、広い範囲の脱毛には向いていません。

一方で脱毛サロンはすべての施術をスタッフが行ってくれます。お客さまは横になっているだけで施術が終わりますので、めんどうくささはそれほど感じません。

美肌効果で比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

じつは脱毛サロンでも家庭用脱毛器でも、SSC方式以外は照射している光の種類は同じで「IPL」といいます。IPLはムダ毛にアプローチする波長の光だけでなく、美肌やニキビ等に効果がある波長の光も含まれています。したがって家庭用脱毛器でも脱毛サロンでも、回数を重ねればお肌はじょじょにキレイになります。ただし、家庭用脱毛器は光のパワーが弱いため、脱毛サロンほどの効果は実感できない方もいらっしゃいます。

脱毛できる範囲で比較! 家庭用脱毛器と脱毛サロン

家庭用脱毛器と脱毛サロンの脱毛範囲を比べてみましょう。基本的に脱毛サロンは粘膜やまぶたの上などの、健康被害が生じるリスクがある部位をのぞけば、顔もVIOも施術可能です。

一方で家庭用脱毛器はメーカーや機種によって施術できる部位が限定されているものもあります。

脱毛サロンB社家庭用脱毛器P社家庭用脱毛器M社PH社C社
×
VIO××

結局家庭用脱毛器と脱毛サロン、どちらを選べばよいの?

家庭用脱毛器と脱毛サロンをさまざまな項目で比べてみましたが、結局どちらを選んだらよいのかわからないという方も多いはず!

そこで家庭用脱毛器をおすすめする人としない人をご紹介します!

家庭用脱毛器をおすすめするのはズバリ脱毛サロンに通いながらキレイになりたい人

家庭用脱毛器はムダ毛を減らす効果はあります。自宅で気軽にケアができますし、自分の体を他人にみられる心配もありません。一度購入してしまえばカートリッジの交換費用以外は追加費用なしで長期的に使用できます。

ただし、家庭用脱毛器は施術に時間がかかること、パワーが弱く効果を実感しにくいことがデメリットです。家庭用脱毛器は、脱毛卒業を目指すというよりも、脱毛サロンに通いながらさらにキレイになるために使うのがベスト!

家庭用脱毛器の脱毛用ライトにはお肌がキレイになる波長の光が含まれていますし、美肌用カートリッジも搭載されているものが多いですよ。

「脱毛サロンの効果をもっとアップさせたい」

「もっとお肌をキレイにしたい」

そんな方には家庭用脱毛器の併用をおすすめします!

家庭用脱毛器をおすすめしない人

家庭用脱毛器をおすすめできないのは「早く脱毛の効果を実感したい方」「1つの手段で脱毛を卒業したいとお考えの方です。

家庭用脱毛器はパワーが弱いため、単体で使用してもなかなか効果が実感できず、脱毛を卒業することは難しいです。早く脱毛を完了させたい方や1つの方法だけでツルツルになりたいとお考えの方は、脱毛サロンがおすすめです。

ラココでは脱毛効果をアップさせる&美肌機能付きのオリジナル脱毛器「LUMIX HOME」を販売中

脱毛サロンに通いながら脱毛効果をサポートしたり、お肌がキレイになったりする効果がある家庭用脱毛器。ラココではお客さまにもっとキレイになっていただきたいという思いをこめて、「LUMIX HOME(ルミクスホーム)」という家庭用脱毛器を販売しています。ルミクスホームは、ラココで脱毛しながらご自宅でもケアをしていただける家庭用脱毛器。週に2回ほどご使用いただくと、お肌がどんどんキレイになりますよ。
脱毛モードだけでなくスキンケア用カートリッジとニキビケア用カートリッジが付属しています。お肌に悩みがある方のホームケアにもぴったりですよ。

家庭用脱毛器を試してみたい方、家庭用脱毛器を使いながら脱毛サロンに通いたいとお考えの方はぜひお問い合わせくださいね!

# カテゴリー/タグ