脱毛に生理周期とホルモンバランスは大切?

脱毛に生理周期とホルモンバランスは大切?

ホルモンバランスとお肌の関係

女性には生理があります。ホルモンバランスは生理周期に合わせて大きく分けると4つの変化があります。

事前に知っておく事で肌トラブルの回避はもちろん、日常生活でも役立ちますので女性は特に自分の体の変化を把握しておきましょう。

生理周期と肌状態

ホルモンバランスの図

月経期 基礎体温が下がり、鉄分が不足しやすい時期です。お肌もまだ敏感な状態なので、水分補給と保湿をしっかり行いましょう。

卵胞期 女性ホルモンの「エストロゲン(卵胞ホルモン)」の分泌が最も多く、肌状態が一番良い時期。脱毛するにはおすすめ。ダイエットやお肌の角質ケアなどにも向いています。体温は低い時期なので、体を温めましょう。

排卵期 「プロゲステロン(黄体ホルモン)」が分泌され、「エストロゲン」の分泌がピークを超えて減少していく時期です。お肌も体も変化が起き始めるころなので、規則正しい生活を行いましょう。

黄体期 お肌が敏感な時期に入り、基礎体温も高くなります。 特に生理前の1週間は最も肌トラブルが起きやすい時期なので、脱毛する場合は最も注意が必要です。紫外線ケアをより念入りにしましょう。

こんなときはどうする?(生理・妊娠)

生理中は脱毛できる?

お肌が敏感な状態のため、美容室でのパーマやカラーリング生理前1週間と生理中はなるべく避けた方が良いですが、ラココはデリケートゾーン(VIO)以外なら、施術可能です。 施術前・中・後に必ずお肌の状態をチェックしているで、もし気になることがあればエステティシャンに聞いてみましょう。

妊娠したら脱毛は休止しましょう

妊娠するとホルモンバランスは大きく変化します。お腹の赤ちゃんへの影響はないですが、体調も不安定になったりお肌も敏感になりやすいので、脱毛は休止しましょう。 出産後は、様子を見て再開することをおすすめします。

脱毛のお役立ち情報TOPへ戻る

SPECIAL キャンペーン

無料カウンセリング&お試し体験 ご予約はコチラ

無料カウンセリング&お試し体験 ご予約はコチラ