2017.05.24部分別

VIO脱毛中、どれくらい見られるの?気になる服装や姿勢のコト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

VIO脱毛中、どれくらい見られるの?気になる服装や姿勢のコト

VIO脱毛をしたいけど、体をどのくらい見られるのか分からないし勇気が出ない、という女性も少なくありません。そこで、実際にどのような服装や姿勢でVIO脱毛を行っているのか、あらかじめ理解しておけば安心です。今回は、VIOのパーツによって異なる脱毛姿勢や、施術時の服装についてご紹介します。

VIO脱毛中は、紙パンツを着用する

VIO脱毛中は、紙パンツを着用する

まず、VIO脱毛をする上で気になるのが、服装。多くのサロンでは、VIO脱毛をするとき自分のショーツは脱ぎ、使い捨ての紙パンツに履き替えます。施術中は、着用した紙パンツをずらしながら照射するため、サロンスタッフに長い時間VIOを直視されるわけではありません。

また、サロンスタッフたちは「お客さまの肌をきれいに脱毛すること」が目的で、数多くのお客さま対応をしている分、施術行為にも慣れています。VIOの脱毛も特別恥ずかしいことではないのです。

VIO脱毛中の姿勢って?

服装の次に気になるのが、VIO脱毛中の姿勢についてでしょう。他人に見られることに抵抗がある部位だからこそ、どのような姿勢で施術を受けるのか知りたいもの。そこで、V・I・Oのパーツごとにそれぞれの施術姿勢をまとめました。

Vライン

Vラインは、ちょうどヘソの下辺りから脚の付け根までの三角形ゾーン(ビキニライン)。施術時の姿勢は、あおむけになります。あおむけの状態で紙パンツを下にずらし、Vラインとアンダーヘアを整えたい形になるよう照射していく流れです。

Iライン

Iラインは両脚の付け根、陰部の両側のことです。施術姿勢は、あおむけのまま片方の脚を立て、横に寝かします。分かりやすくいうと「片足立ちヨガポーズ」の、あおむけに寝転がったバージョンです。その姿勢のまま、紙パンツを横にずらし照射を行います。また、Iラインは左右2カ所あるため、右側の照射が終われば次は左側、という施術方法です。

Iラインは、紙パンツをずらす際にいろいろと見られてしまう可能性があり、VIO脱毛の中で多くの女性が一番恥ずかしい、と感じる部位。しかし、恥ずかしさのあまり脚をうまく開くことができず、姿勢が控えめになると適切な照射が難しくなるかもしれません。サロンスタッフの施術をスムーズに進めるためにも、Iラインの姿勢は特に気を付けましょう。

Oライン

Oラインは、肛門周りになります。施術時の姿勢はうつぶせで、サロンスタッフが紙パンツを下にずらし、おしりの割れ目を広げながら照射していくのが一般的。他にも、よつんばいや横向きでOラインの脱毛を行うサロンもあります。

ちょっと勇気を出してVIO脱毛にチャレンジしよう

ちょっと勇気を出してVIO脱毛にチャレンジしよう

VIO脱毛をするときに、恥ずかしさを感じてしまうのは当然です。自分の体の大事な部分だからこそ、人に見られることに抵抗があるのではないでしょうか。ただ、VIOの脱毛を行うサロンスタッフは全員プロですし、いろんな女性のVIO脱毛をこなしているからこそ、施術部位を見るのは慣れているのです。

また、施術中は気さくに話し掛けてこちらの気持ちをリラックスさせてくれます。このような配慮は、同じ女性として気持ちを理解してくれているからこそ。ちょっと勇気を出して、VIO脱毛に挑戦してはいかがでしょうか。

おわりに

今回は、VIO脱毛時の服装や姿勢についてご紹介しました。VIO脱毛では、紙パンツを着用し施術を受けるのが一般的で、姿勢はV・I・Oのパーツごとに変化。詳しくは、サロンスタッフの指示に従いましょう。また、VIO脱毛を一度体験したら恥ずかしさを感じなくなった、という女性も多いので、ぜひプロに任せてVIO脱毛にトライしてみませんか。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。