2018.03.18部分別

【ワキ(脇)脱毛】正しいワキ毛処理で埋没毛(埋もれ毛)のブツブツ予防♪

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しいワキ毛処理
頻繁にワキのムダ毛処理をしていると、黒いブツブツができてしまうことがあります。そのまま自己処理を続けていると、ブツブツの原因である埋没毛が悪化してしまうかもしれません。そこで今回は、正しいワキ毛処理の方法と、埋没毛のブツブツ予防についてご紹介します。

なぜワキのブツブツはできる?

ワキにできる黒いブツブツの正体は、「埋没毛」です。埋没毛は、皮膚の下で埋没したまま成長した毛のことを指します。埋没毛の種類さまざまで、短い毛が皮膚の表面から見えるもの、長い毛が輪っか状になったものもあります。

では、なぜワキに黒いブツブツ(埋没毛)ができてしまうのでしょうか。カミソリや毛抜きを使ってワキ毛の処理を行うと、肌が傷つき細菌が侵入。このとき皮膚はバリアー機能を発揮し、毛穴をふさいでしまうのです。毛穴がふさがると、皮膚内で成長した毛穴が外に出ることができず、埋没毛として黒いブツブツができたように見えてしまうのです。

埋没毛を解消する方法は?

埋没毛を解消する方法は?
埋没毛を自分で解消したいという方もいるかもしれません。しかし、無理に埋没毛を取り除こうとすると、肌がダメージを受けて色素沈着を起こす恐れがあります。したがって、埋没毛を解消したいときは自分で対処しようとせず、皮膚科や美容クリニックなどのプロに相談しましょう。皮膚科や美容クリニックでワキの埋没毛について相談すると、その場で処置してくれたりクリームを処方してくれたりすることがあります。

自宅でできる埋没毛の改善方法としては、「ワキ毛の自己処理を止める」「ワキの肌ケアを心掛ける」などでしょう。特に、ワキに保湿クリームを塗って角質を柔らかくすることで、皮膚の下に埋まっていた毛が自然に出てくるような、皮膚の土台作りができます。

ワキ毛のムダ毛処理は正しく行おう!

ワキ毛のムダ毛処理は正しく行おう
ワキのブツブツを予防するためには、正しいムダ毛処理を行いましょう。おすすめの処理方法はサロン脱毛の利用です。

サロン脱毛の利用

ワキの皮膚は、体の他の部位と比べてもデリケート。生えてくる毛も太く強いため、自己処理をするとさらに肌へ負担がかかります。

サロン脱毛では、刺激の弱い脱毛機を使って施術を行っており、肌に負担をかけずに脱毛することができます。埋没毛がすでにできてしまっている方も、脱毛を行えば黒いブツブツの改善が見込めます。なぜなら、脱毛機は毛が生えるもとに光やレーザーを放射し、その育成を止めようという仕組みだからです。埋没毛の育成が止まれば、肌のターンオーバーとともに埋没毛が出て来るでしょう。

SHR方式の脱毛が肌にやさしい!

サロンで使われている脱毛機の中で、もっとも肌にやさしいと評判なのは「SHR方式」です。

SHR方式は、弱めの光を当てて毛根ではなく毛包に働きかけるため、毛周期も関係ありません。施術時の痛みもほとんどなく、温かさを感じる程度で肌にやさしい脱毛が実現します。

また、SHR方式であれば脱毛にかかる期間も、従来の3分の1から6分の1程度。短期間で脱毛を卒業したいという方にも、SHR方式の脱毛がおすすめです。

おわりに

ワキ(脇)にできる黒いブツブツは、皮膚の中に埋まったまま成長した埋没毛であることがわかりました。繰り返し行われる自己処理などで肌が傷つき、毛穴がふさがることで起こります。

埋没毛の予防・改善には、正しい処理が欠かせません。そこで、サロン脱毛をおすすめします。施術時の痛みがほとんどないSHR方式は、特に肌にやさしい脱毛法です。埋没毛のないきれいな肌を目指すためにも、ぜひサロンでの脱毛を検討してはいかがでしょうか。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。