2017.12.29脱毛全般

あなたはどうやってきれいになる?脱毛手段の種類を総まとめ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

脱毛手段の種類総まとめ

脱毛は、自己処理またはプロに任せて行うことができます。どちらもメリットデメリットがあるので、迷う方が多いのでしょう。今回は、セルフ脱毛、サロン脱毛、医療脱毛の3種類の脱毛手段をご紹介します。

 

セルフ脱毛

セルフ脱毛には、「毛抜き」「カミソリ」「シェーバー」をはじめ、「除毛クリーム」「脱毛ワックス」などいくつか方法があります。どれもすぐに脱毛することができ、コストも抑えることができますが、永久脱毛は期待できません

最近では「家庭用脱毛器」が普及していますが、付属品にコストがかかったり、保護具をつけないと失明したりする恐れがあり、扱いには注意が必要です。

いずれも家庭で手軽に脱毛が可能ですが、色素沈着・埋没毛・毛嚢炎などの皮膚トラブルが起こりやすくなる場合があります。自己処理する場合は、皮膚をいたわりながらやさしく行いましょう。

 

サロン脱毛

エステサロン脱毛サロンで、よく使用されている脱毛方法は「光脱毛(フラッシュ脱毛)」です。光を照射して毛根にあるメラニンを刺激し、発毛を抑える効果が期待できます。

 

他にも、熱を毛包に集中させて脱毛する「SHR方式」という新しい美容脱毛があります。SHR方式は従来の美容脱毛とは異なり、毛周期を気にせず脱毛することができます。

また、これまでの脱毛にあった「ゴムで弾かれたような痛み」もなく、肌に暖かさを感じる程度の「痛くない脱毛方法」です。

 

光脱毛(フラッシュ脱毛)もSHR方式の脱毛も、どれくらいの期間・回数で「きれいになった」と実感できるかは個人差があります。いずれも施術するにつれて毛は細く薄くなり自己処理の煩わしさも次第に軽くなるでしょう。

なるべく早く脱毛を進めたい方には、特にSHR方式をおすすめします。なぜならば、SHR方式は毛包に熱を集中させるため、毛周期に関係なく施術することができ、毎月でも施術を受けられるからです。また、1回あたりの施術時間も短くてすみます。

医療脱毛

医療脱毛医療脱毛は、サロンでも扱われている「光脱毛」と、「医療レーザー脱毛」などが一般的です。医療レーザー脱毛は、医療機器として特別に開発された専用レーザーを照射して毛のメラニン色素を反応させます。レーザーを当てると、メラニン色素が毛の中に熱をためこみ、周囲にある毛乳頭を破壊。光脱毛と同じ原理で、発毛が抑えられます。クリニックには医師が在籍し、肌トラブルが起こった際は薬を処方してくれるでしょう。

 

医療レーザー脱毛は永久脱毛ですが、毛の成長サイクルに合わせて平均5~6回ほど通う必要があります。

 

サロン脱毛と医療脱毛の違い

プロによる脱毛で、いずれも人気の高いサロン脱毛と医療脱毛。それぞれの特徴について、メリットやデメリットを比較しましょう。

 

「痛み」で比較

痛みには個人差がありますが、サロンで行われる光脱毛は、静電気やゴムで弾かれたような軽い痛みがあります。SHR方式による場合は、痛みを感じることはほとんどありません。一方、医療レーザー脱毛は光脱毛と比較して痛みを強く感じる傾向があります。

 

「費用」で比較

サロン脱毛と医療レーザー脱毛を「ワキ」の金額で比較すると、お得なキャンペーンが多いサロン脱毛よりも、医療レーザー脱毛の方が金額は高めです。

 

 

おわりに

今回は、セルフ脱毛、サロン脱毛、医療脱毛の3種類の脱毛手段についてご紹介しました。セルフ脱毛、サロン脱毛、医療脱毛の特徴はさまざま。あなたはどうやってきれいになりますか?どちらを選ぶにせよ、それぞれの特徴を踏まえ、自分に合った脱毛方法を選んでください。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。