2018.04.01部分別

【ワキ(脇)脱毛】黒ずみなし&つるスベ肌を手に入れよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワキ(脇)脱毛
サロンの広告や口コミなどでよく目にする、ワキ(脇)の脱毛。サロンで脱毛すれば、ワキの黒ずみや肌荒れのないキレイな肌が手に入るでしょう。そこで今回は、ワキ脱毛のメリットや施術の流れについてご紹介します。

人気沸騰中!ワキ脱毛の何がいい?

ワキ脱毛の何がいい?
脱毛箇所の中で、とても人気のあるワキ。サロンが電車の広告やCMなどで宣伝しているワキ脱毛は、左右両方のワキの脱毛を指します。

ワキは、タンクトップやノースリーブを着たとき、ふいに手を挙げたときに他人の視線が気になる部分ではないでしょうか。自己処理の手間や肌へのダメージを考慮しても、ワキを脱毛してキレイにしたい、と考える女性が多いのです。

具体的なワキ脱毛の範囲ですが、両ワキのくぼみを中心に、ムダ毛が生えている部分すべてが施術可能です。ワキの下である、あばら骨周辺は範囲外です。

ワキ脱毛をするメリットは?

多くの女性が脱毛を検討するワキ。そんなワキを脱毛することで、どのようなメリットが得られるのでしょうか。

ワキの黒ずみ予防

脱毛によりワキ毛の自己処理が不要になると、黒ずみの原因の1つである「肌への刺激」が減り、肌の黒ずみを予防できます。また、すでに黒ずんでしまった肌も、脱毛をして自己処理がなくなることで改善が期待できるでしょう。

ワキがつるスベ肌になる

ワキを脱毛すると、ブツブツしたそり残しや肌荒れが改善され、つるつるすべすべとキレイになります。脱毛によってワキがキレイになれば、ノースリーブやタンクトップを着るときも自信がもてるでしょう。

また、サロンでワキ脱毛を行えば、自己処理する必要がなくなります。カミソリや毛抜きによる肌への刺激がなくなり、黒ずみの予防・改善やワキ部分の肌がつるスベ肌に近づきます。

サロンでワキ脱毛をするときの流れ

ワキ脱毛をするメリットは?
サロンでワキの脱毛をするとき、どのような流れで進んでいくのか気になりますよね。実際に行われるワキ脱毛の注意点や、施術前後のケアについて確認しましょう。

事前の自己処理

まず、サロンで施術を受ける2~3日前に、自分でワキ毛の自己処理をする必要があります。ワキ毛の自己処理をするときには、ボディーソープやシェービングジェルなどを使い、肌をしっかり守りながら行いましょう。また、何度も繰り返しカミソリの刃を肌に当てるのは控えてください。

ちなみに、毛抜きでワキの自己処理を行うのは禁物です。毛抜きで自己処理をしてムダ毛が毛根からなくなってしまうと、施術時に照射される光が届かないため、十分な脱毛効果を得られない可能性があります。サロンによっては施術自体を断られるケースもあるので注意してください。

施術後の肌ケア

サロンでワキの脱毛をしたあとは、肌のアフターケアを怠らないようにします。特に重要なのは、肌の保湿をしてうるおいをキープすることです。

ワキは、顔や手などと比べてケアを行わない部分かもしれませんが、化粧水や乳液、美容クリームを塗って、他のボディーケアと同じようにワキも保湿してください。

肌の刺激を避けること

ワキ部分の肌にできるだけ刺激を与えないよう、気を付けることも重要です。特に気を付けたいのは、夏の暑い時期に使用する制汗剤。脱毛後のデリケートな肌にとって、制汗剤に含まれる成分は刺激が強く、肌トラブルの原因になる恐れがあるのです。

おわりに

今回は、ワキ脱毛を受けるメリットや、施術の流れなどについてご紹介しました。

ワキのムダ毛は、自己処理をするよりもサロンで脱毛したほうが、黒ずみ改善や肌荒れ予防につながり、キレイなワキを手に入れることができます。ワキ脱毛に興味のある方は、ぜひ一度サロンで行われるカウンセリングに足を運んではいかがでしょうか。

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加