2017.02.22脱毛全般

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛!やっぱり痛い?気になる注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブラジリアンワックスでセルフ脱毛

 
美容に関心のある女性なら、1度は「ブラジリアンワックス」という脱毛法を聞いたことがあるでしょう。アンダーヘアを一気に処理できるということで、興味を持ったり実際に試したりした方もいらっしゃるのではないでしょうか?しかし、自分で行うブラジリアンワックス脱毛にはデメリットも存在します。
今回は、そんなブラジリアンワックスのメリットとデメリット、注意点をお伝えします。

 
 

ブラジリアンワックスとは?

ブラジリアンワックスとは、主にVIOラインのアンダーヘアを脱毛する方法の1つです。具体的にはアンダーヘアにワックスを塗り、固まったワックスをはがすことで、同時にムダ毛も抜ける仕組みになっています。
日本ではまだそれほど知名度が高くありませんが、アメリカでは美容に関心のある女性が日常的に行うほどポピュラーな脱毛方法です。

  

セルフブラジリアンワックスのメリット

ブラジリアンワックスによるアンダーヘア脱毛には、どのようなメリットがあるのかご紹介します。

 

毛根から抜くため美しく仕上がる

美しく仕上がる

ブラジリアンワックスでは、アンダーヘアを毛根から引き抜くことで脱毛します。そのため、カミソリなどでの処理に比べてはるかにきれいに脱毛することが可能です。
ただし、永久脱毛ではないため2週間ほどで新しい毛が生え始め、1カ月半ほどで生えそろいます。きれいな状態を保つためには生えそろってから再びワックス処理を行うことをおすすめします。

 

サロンでの脱毛と比較してコストが低い

自分で行えば、サロンでのブラジリアンワックス脱毛と比較すると安い料金で脱毛できます。経済的な心配をそれほどせずに脱毛できることも、大きなメリットです。

 

短時間で処理が終わる

VIOラインを脱毛するには、通常はそれなりの時間が掛かります。しかし、ブラジリアンワックスの場合は広範囲を一気に脱毛できるため、短時間で処理が終わるのです。

  
  

セルフブラジリアンワックスのデメリット

反対に、自分で行うブラジリアンワックスによるアンダーヘア脱毛によって、考えられるデメリットをご紹介します。

  

肌への負担が大きく、痛い

肌への負担が大きく、痛い

ワックスを一気にはがして脱毛するブラジリアンワックスは、便利である反面、お肌への負担が大きい脱毛方法です。ムダ毛と一緒にお肌の健康的な角質をはがしてしまうため、敏感肌の方にはあまりおすすめできません。

  

埋没毛などトラブルの原因になる

セルフでブラジリアンワックスを行うと、埋没毛や内出血などのトラブルを引き起こす可能性があります。どちらも、デリケートな部分の見栄えが美しくない状態になるトラブルです。

 

コツをつかむまでに時間が掛かる

セルフによるブラジリアンワックス脱毛は、慣れるまでは少し難しい脱毛方法です。うまく脱毛できなかったり、痛みを余計に感じてしまったり、お肌を傷つけてしまったりと、慣れるまではトラブルが予想されます。
経験者がまだ少なく、周囲からの情報を収集しにくいこともセルフで行う際の壁を高くしているでしょう。

  

おわりに

ブラジリアンワックスはスピーディーに脱毛できる便利な方法ではありますが、やはりセルフ脱毛に関してはお肌へのダメージやトラブルなどに対する不安が残ります。また、本場アメリカほどブラジリアンワックス専門のサロンが一般的ではないのも、ハードルを感じる要因の1つかもしれません。
ブラジリアンワックスは、デリケートなVIOゾーンを美しく整えることができます。可能であれば自分ではなくクリニックやサロンへ受けた方が、お肌への負担やトラブルが少ないため、おすすめです。

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加