2018.03.01スキンケア

求む、落ちにくい口紅!すぐ落ちる口紅を落ちにくく長持ちさせる方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

口紅を長持ちさせる方法
毎日するメイクの中で、女性らしさをよりプラスしてくれるアイテムの1つが口紅です。

魅力的な口元を作ってくれる一方、グラスについてしまったり食事の際に落ちてしまったりして、「何度もメイク直しをするのが面倒だ」と感じている方もいることでしょう。

今回は、落ちにくい口紅を買わなくても今持っている口紅を落ちにくく、長持ちさせる方法をご紹介します。

つけすぎた口紅が色落ちの原因かも

つけすぎた口紅口紅は、ただ塗ればいいというものではありません。

適当に塗ってしまうと余分に口紅をつけすぎてしまい、それが長持ちしない原因を作っている可能性があります。

まずは、基本的な口紅の塗り方と余分な口紅をオフする方法をチェックしましょう。

基本的な口紅の塗り方

まずは、リップペンシルで上唇の山をなぞります。次に下唇の底辺をなぞり、口角と上下のラインをつなげてください。軽く口を開けて、上下のラインの間にすき間がないようにしましょう。

輪郭ができたら、口紅を塗っていきます。

口紅をブラシに取り、下唇の中央から徐々に広げるように塗るのがポイントです。上唇も同様に塗ったら、唇の輪郭と口紅をなじませます。自然な口元を作るように意識しましょう。

余分な口紅はティッシュでオフ

口紅を塗り終わったら、全体をティッシュでおさえて余分な口紅を取り除きます。

ひと手間ですが、ティッシュオフすることによって口紅と唇がなじみ、口紅を長持ちさせる効果が期待できるでしょう。

ティッシュオフをしたあとは色味をチェックし、好みの仕上がりに調整してください。

必要であれば、口紅を足したりさらにおさえたりしましょう。

口紅を二度塗りすると、色が唇にしっかり定着してより落ちにくくなります。

ティッシュオフの方法は、メイク直しの際にもおすすめです。

先ほどと同じように、口紅を塗ったあとにティッシュオフをして口紅を重ねます。

リップペンシルを使って色落ち予防

リップペンシル唇の輪郭をなぞるために使うことが多いリップペンシル。リップペンシルを唇全体に塗ってから口紅を塗ることで、口紅の色落ち予防に活用できます。

元々リップペンシルは、口紅に比べると落ちにくい性質なので、色味を長持ちさせる効果が期待できます。口紅と同系色のもの、もしくは唇の色に近いナチュラルな色を選ぶのもポイントです。

もし口紅が落ちてしまっても、リップペンシルが残っていると色落ちが分かりにくくなります。リップブラシを使用して口紅を塗ると色がきれいに出て落ちにくくなるので、合わせて使うのがおすすめです。

リップコートで口紅を長時間キープ

口紅を塗った上から重ねて、色を落ちにくくするのがリップコートです。

口紅をコートする成分と、口紅の色を唇に固定する成分が含まれています。ゲル膜が唇表面をコートして色落ちを防いでくれるので、口紅を長時間キープできるでしょう。

リップコートは、口紅を塗ったあとに使用します。たたくようにしてつけたり、すり込んだりすると、膜がよれてしまう可能性があるので注意が必要です。

使用方法は、口紅の上にのせて、表面を滑らせるように唇全体にのせます。

また、リップコート以外に、同じような効果が期待できるのがワセリンです。

口紅を塗ったあとに少量のワセリンを塗布することで、口紅が落ちるのを防いでくれます。ワセリンはリップクリームとして使うこともできるので、1つ持っていると重宝するのではないでしょうか。

おわりに

今持っている口紅の塗り方に気をつけたり、塗ったあとにちょっとしたひと手間を加えたりすることで、落ちにくさをアップすることができます。ぜひ今回ご紹介した内容を参考にして、メイクしたてのきれいな唇をキープしてくださいね。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。