2017.03.01スキンケア

スクワラン、ホホバ、アルガン…保湿に最適なオイルの使用法とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

保湿に最適なオイルの使用法

 
オイルをスキンケアに使うと聞くと、なんだかベタベタしてしまいそうな感じを抱く方もいるのではないでしょうか。また、「オイリー肌だからこれ以上油分はいらないよ」という方もいるかもしれません。しかし、オイル上手に使えば美肌の強い味方になってくれます。今回は、代表的な3つのオイルについて使用法をお伝えします。

  

「スクワランオイル」抜群の肌なじみの良さと保湿力

「スクラワンオイル」は、スクワレンという物質を水素によって無色透明化したオイルです。スクワレンはオリーブオイルなどに含まれている成分ですが、私たちもの肌からも分泌されています。化粧品に含まれるスクワランオイルは、主にサメの肝油から作られています。
  
スクワランは、もともとヒトの肌にもあるものなので、安全で肌なじみがとても良いオイルです。そのため、乾燥や外部からの刺激が気になる季節は特に重宝されます。また、その肌なじみの良さを利用して、他の美容液などの導入液としても使われています。
スクワランは、毎日の肌のお手入れに使用することができます。洗顔や入浴後の少し湿った肌に塗れば、肌の潤いを保つ力が高まります。一緒にマッサージすれば、肌のターンオーバーを整える手助けもしてくれるでしょう。

  

「ホホバオイル」健やかな肌の立役者

ホホバオイル

ホホバオイルは、砂漠地帯に生息する「ホホバ」という低木の種子から取れるオイルです。ホホバから取れるオイルは「黄金の液体」と呼ばれるほど、美容からやけどの治療、食用まで幅広く用いられてきました。現在では、ホホバオイルの分子構造がヒトの皮脂に似ていることから、肌の皮脂と同じバリアー機能としての働きが期待できると注目されています。
 
ホホバオイルに含まれる「ワックスエステル」は、もともとヒトの肌表面にもあり、肌に弾力や潤いを作り出している成分です。また、ホホバオイルにはビタミンA、D、Eなどの抗酸化ビタミンが含まれているため、いつまでも若々しくありたい女性におすすめです。
また、17種類のアミノ酸が含まれているため、肌だけでなく、髪を健やかに保つためのケアにも使われています。

  

「アルガンオイル」美のための希少なオイル

アルガンオイル

アルガンオイルは、アルガンツリーの実の種子から取れるオイルです。アルガンツリーはモロッコ南西部などの限られた場所でしか育たないことで知られています。古くから美容に関心のある人々に利用され、「モロッコの黄金」と呼ばれています。
  
アルガンオイルには、ビタミンEとオレイン酸が豊富に含まれています。ビタミンEは抗酸化ビタミンとも呼ばれているため、肌のくすみや乾燥が気になる方に特におすすめです。また、オレイン酸は、紫外線から肌をカバーしてくれる成分として有名です。
アルガンオイルは化粧水の浸透力を高めるブースターとしても利用されています。乾燥肌は水分の浸透力が弱まっていることが多いため、アルガンオイルによって水分の浸透力を高め、乾燥肌の改善に役立てられています。

  

おわりに

今回ご紹介したオイル以外にも、オリーブオイル、ローズヒップオイル、アーモンドオイルなど、ぜひ美容のために知っていただきたいオイルがたくさんあります。何に役立つか・期待できるかはオイルによってさまざまです。
例えば、今回ご紹介した「スクワランオイル」は、乾燥が気になるときの保湿に全身に使用することができるため大活躍です。また、「ホホバオイル」はスキンケアとともにヘアケアにも利用できます。また、「アルガンオイル」は肌のくすみなどが気になるときに使いたいオイルです。それぞれの特徴を知って上手に取り入れてください。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。