2017.05.15脱毛全般

痛いけど効果あり?脱毛テープ(シート)の正しい使い方&コツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

痛いけど効果あり?脱毛テープ(シート)の正しい使い方&コツ

みなさんは脱毛テープを使ったことがありますか?
薬局などで売っていて、自分で手軽に脱毛ができるアイテムとして知られています。脱毛シートと呼ばれることもあります。安価ですぐに入手できるため、手軽さが便利な脱毛テープですが、正しく使わないとお肌にダメージを与えることになってしまいます。

脱毛テープの使い方

初めに脱毛テープを使ったことがない方のために、脱毛テープの説明と使い方からご紹介します。

脱毛テープとは?

脱毛テープは片面が粘着テープになっています。粘着面を脱毛したい箇所に直接貼ります。その後、勢いよく剝がして脱毛します。貼って剝がすだけのため、とても簡単に脱毛することができます。

脱毛テープの使い方

脱毛テープの使い方

それでは、脱毛テープの使い方をご案内します。貼って剝がすだけと説明しましたが、テープを貼る前に少しだけ準備が必要です。

1.脱毛したい箇所を清潔にしておく

お風呂上がりが最適タイミングです。肌が清潔で、しかも毛穴が開いた状態のため、毛も抜きやすくなっています。
お風呂にゆっくり浸かる時間がないときや、入浴できないときは、蒸しタオルで代用すれば毛穴を開くことができます。

2.脱毛する箇所に脱毛テープを貼る

脱毛テープを貼ったら、いよいよテープを剝がします。テープは肌に密着させて貼り、勢いよく剝がしましょう。
最初は、「痛みを感じるのではないか」とドキドキしますが、中途半端に引っ張るよりも思い切って剝がした方が一瞬で済みます。

3.最後はしっかりアフターケアを

テープを剝がせたら、ボディクリームや乳液などでお肌の保湿も忘れないようにしましょう。

脱毛テープの注意点とコツ

さらにきれいに仕上げるために、脱毛テープを使うときの注意点をまとめてみました。

デリケートな部位の脱毛はテープをカットする

デリケートな部位の脱毛はテープをカットする

指の毛やデリケートゾーンなど毛の面積が狭いところに脱毛テープを貼るときは、使いやすいサイズにカットしてから貼ると良いです。毛が生えている部分だけを剝がせるので、お肌へのダメージを減らすことができます。
さらに、無駄なくテープを使えるのもうれしいですね。

空気が入らないようにテープを貼ること

脱毛テープに慣れるまでは上手に貼れないということもあるでしょう。
テープを貼るときには、肌を引っ張りながらテープとお肌が密着するようにしましょう。空気が入らないようにしっかりくっつけることが大事です。

脱毛テープのデメリット

手軽にできる脱毛テープにもデメリットがあります。

  • 毛を引っ張るだけになり、途中で毛が切れてしまう
  • 粘着面の成分によって肌荒れなどの炎症が起きることがある
  • デリケートゾーンのような毛の流れがバラバラな箇所は、テープには不向き

脱毛テープは、使用する部位と使用方法を正しく守らないと上手に脱毛できないことも多いのです。また、デリケートな部位は炎症を起こすとヒリヒリ痛む恐れがあります。無理をしないようにしましょう。
脱毛テープのデメリットも知った上で、正しく使用するようにしたいですね。

おわりに

脱毛テープは手軽に購入できて脱毛ができるため、女子の間では定番のアイテムにもなっています。しかし、慣れるまではきれいに貼ったり剝がしたりするのが難しいもの。無理に使用して炎症が起きると、それが治るまでムダ毛処理ができなくなることだけは気をつけてくださいね。脱毛テープの正しい使用方法を確認した上で、効果的な脱毛ができるといいですよね。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。