2017.03.24スキンケア

寝不足でもないのに疲れ顔…目の下のクマを消す方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目の下のクマを消す方法

髪型も洋服もばっちり決めたのに、目の下にクマがあるせいで何だか疲れているみたい…。そのような残念な経験はありませんか。コンシーラーでもカバーしきれないクマは困りものですよね。しかし、クマのタイプに合った対処法を取り入れることで、改善できるかもしれません。そこで今回は、クマについてタイプ別の対処法をご案内します。

クマのタイプは4種類!

クマには大きく4種類に分類できます。それぞれ特徴や原因が異なるため、まずは自分のクマがどのタイプにあてはまるのかチェックしてみましょう。

青クマ

目の下にうっすらと青く広がっているように見えるのが特徴です。色白の方に多く見られます。
パソコンやスマートフォンで目を酷使している方、冷えを感じやすい体質の方は、血行が滞ることで血液に必要な酸素が届けられず、青白く目立ってしまうことが原因と考えられています。

赤クマ

目の下がうっすらと赤く腫れ、むくんだように見えるのが特徴です。目が疲れたり、血行が悪くなったりすることで、血管が詰まり、赤クマに見えることもあります。クマの中では軽度ではありますが、重症化すると目の下のふくらみが目立ち、やがてたるみになる恐れもあります。注意した方が良いでしょう。

黒クマ

目の下がくぼみ、黒い線のように見えるのが特徴です。目の下を押すと、線が消えます。生まれながらの体質の場合と、年を重ねることで目の周辺の筋肉が衰えて出現する場合とがあります。

茶クマ

目の下にうっすらと茶色く広がって見えるのが特徴です。目の下を引っ張っても茶クマは消えません。茶クマの原因は大きく2つあります。1つは色素沈着です。紫外線やストレスで肌のターンオーバーが遅れることでできます。もう1つは摩擦です。目の下をゴシゴシと洗ったり、こすったりすることで発生します。

クマを消す方法が知りたい!

目の下にクマがあると、ガッカリしてしまいますよね。それが大切なお出掛け前だったりするとなおさらです。そのようなときは、今からご紹介する方法を試してみてください。少しでも良くなれば気分も軽くなることでしょう。

ホットタオル(蒸しタオル)で温める

ホットタオル(蒸しタオル)

青クマや赤クマは、血行不良が原因の1つになって起こります。そのため、ホットタオル(蒸しタオル)で目の周りを温めることで、体のめぐりが良くなって目のクマ改善に役立つことが期待できます。ホットタオル以外にも、目元専用のホットアイマスクを活用してもよいでしょう。
ホットタオルは、タオルに水を含ませてから絞り、電子レンジで1分加熱(500Wの場合)すれば簡単にできます。

簡単ストレッチ

クマの予防改善には、目の周りの筋肉をほぐすことも大切です。簡単にできるストレッチをご紹介します。

  1. 目をぎゅっとしっかりつぶる(5秒間)
  2. 目を思い切り大きく開いてキープ(5秒間)
  3. 1と2を5回ほど繰り返してみてください。

    目の下のツボを押す

    目の周辺には多くのツボが密集しています。目の中心から下に向かい、骨のへり下にある骨のくぼみに「四白(しはく)」というツボがあります。目の下のたるみや疲れ目に良いといわれており、主に青クマと赤クマに効果が期待できます。
    茶クマの場合は皮膚をこすると悪化する可能性があるため注意してください。

    クマを防ぐためにできること

    目のクマが一度できると、血色が悪くなり、改善するのも一苦労です。だからこそ、クマができる前の予防が大事です。ここでは2つの予防法を紹介します。

    目を酷使しない

    クマを防ぐ

    スマートフォンでSNSやメッセージに夢中になったり、仕事中のパソコンのディスプレーとにらめっこしたりなど、日中に何時間も液晶を見続けるのはおすすめできません。目を酷使すると、血行が悪くなってクマの原因になります。作業が一段落したところで区切って目を休めたり、ゲームなどは1日あたりの遊ぶ時間を決めたりするなどして、目を酷使しないようにすることが大切です。

    紫外線を浴びすぎない

    紫外線を浴びすぎると皮膚のメラニンが沈着して、茶クマの原因になります。外出するときは、日焼け止めや紫外線(UV)カットできるファンデーションや日傘を使って、紫外線から肌を守るようにしてください。

    おわりに

    目の下にクマがあると疲れているように見えて気分が沈んでしまいます。既に目の下にクマがある方は、ご紹介したホットタオルやツボ押しを試してみてください。また、今はクマがない方も目を酷使しないように気を付けて、目や目の周りの肌をいたわる習慣を身に着けましょう。

    脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

    脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    The following two tabs change content below.
    株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

    株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

    脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。