2017.03.10部分別

アンダーへアの処理方法は?脱毛とヒートカッター、おすすめはどちら?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アンダーへアの処理方法

「おしゃれな下着を楽しみたい」「水着を着て海に行きたい」という方にとって、アンダーヘアの処理をどのようにするかは大きな課題でしょう。一般的な、アンダーヘアの処理方法として挙げられるのが「サロン脱毛」と「ヒートカッター」です。そこで今回は、サロン脱毛とヒートカッターの比較をしながら、どちらがおすすめかご紹介します。

脱毛で処理する場合

サロンでアンダーヘアの脱毛

アンダーヘアの脱毛をする場合、もっともポピュラーな方法といえば「光脱毛」でしょうか。
光脱毛は、体毛が生えるサイクル(毛周期)に合わせて、毛根に光を照射する脱毛法です。そのため、体毛のメラニン色素が多い「成長期の毛」に対して有効な方法です。

光脱毛の他にもサロンでのSHR方式(蓄熱式)脱毛、クリニックでのレーザー脱毛などがあり、いずれもプロによる施術で肌を傷つける心配がありません。継続すればつるすべ肌も夢ではありません。

脱毛サロンのメリット

  • 肌へのダメージが少ない
  • 仕上がりがきれい
  • 処理ムラがない
  • 脱毛後は自己処理が楽になる

脱毛サロンのデメリット

  • サロンに通う手間が掛かる
  • 状況により予約が取れないことがある

ヒートカッターについて

ヒートカッターについて

ヒートカッターは、アンダーヘアの処理に使用される脱毛器具で、家電量販店やインターネットの通信販売などでも手にすることができます。価格も2,000~4,000円とリーズナブル。中にはメイク道具と一緒に持ち歩けるほどコンパクトで、見た目もマスカラのようなデザインで、アンダーヘアを処理する道具には見えないものもあります。

ヒートカッターは先端が小さなコーム(くし)状になっており、そのコーム部分に張られた電熱線によってアンダーヘアを焼き切る仕組みです。カッターやカミソリでアンダーヘアをそった場合、先端がとがってしまいます。しかし、ヒートカッターを使用するとカットした毛先が丸くなり、下着をはいた際のチクチク感がありません。

ヒートカッターのメリット

  • 家で簡単に処理ができる
  • 処理後の毛先がチクチクしない
  • 処理ムラがない

ヒートカッターのデメリット

  • ムダ毛を焼き切る際の、焦げるにおいが気になる
  • 短いアンダーヘアはヒートカッターでの処理には不向き
  • 一度に処理できる本数が少ない
  • やけどの危険性がある

脱毛とヒートカッター、どちらがおすすめ?

ここまで、サロンでの脱毛とヒートカッターを使用した処理方法をご紹介しました。どちらにもメリットとデメリットがありますが、安全面と確実性を考慮したときに結局どちらがおすすめといえるのでしょうか。

ヒートカッターは手軽さが最大のメリットですが、完全に毛を無くすという性質の脱毛法ではありません。どちらかといえば「毛の量を調節する」「目立たなくさせる」などの目的を可能にする便利な器具です。一方、脱毛は肌への負担も少なく安全で、仕上がりもきれいです。さらに、サロンに通う手間は掛かりますが、施術が完了すれば自己処理の回数も格段に減ります。よって、アンダーヘアの処理にはサロンでの脱毛がおすすめです。
しかし、人それぞれ体質やライフスタイルが異なるため、一番大切なのは自分のニーズに合った方法で、アンダーヘアの処理を行うことです。

おわりに

アンダーヘアの脱毛方法には、サロン脱毛とヒートカッターの使用が挙げられます。どちらの処理方法にもメリットとデメリットがありますが、シーンに合わせて使い分けるのも1つの手段でしょう。しかし、アンダー部分は大変デリケートなため、自己処理を行うよりもプロの施術を受けた方が安全性は高いと考えられます。後悔のない脱毛方法を選択し、おしゃれも遊びも楽しみましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。