2017.02.07脱毛全般

生理中・終わりかけでも脱毛OK?それとも避けた方がいい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

生理中・終わりかけでも脱毛


 
せっかく予約した脱毛サロンの施術。それなのに、生理中や生理の終わりかけに予約日がバッティングしてしまったら……やはり予約をキャンセルするしかないのでしょうか?今回は、生理中に脱毛を避けた方がいい理由についてお伝えします。

 
 

【結論】生理中・終わりかけの脱毛は原則NG!

原則NG

生理中や、生理が終わりかけの時期の脱毛は、原則としてNGと考えましょう。それでは、どうして生理中は脱毛を避けた方がいいのでしょうか?

 

VIOラインの脱毛はNG

デリケートゾーンを中心としたVIOラインの脱毛は、生理中や生理が終わりかけの時期は控えてください。月経期のVIOラインは経血が付着しているため衛生面で問題があり、その上脱毛サロンの設備を汚してしまうおそれがあります。自分が恥ずかしい思いをしないためにも、大人の女性としてのエチケットを守りましょう。
どうしても予約をキャンセルしたくないがために、タンポン使用での施術を希望する方もいらっしゃるようです。しかし、生理中は肌トラブルのリスクが高まる時期でもあります。そういった意味でもVIOラインは施術を控えることをおすすめします。

 

その他の部位も場合によっては脱毛NG

腕や背中など、生理中であっても完全に脱毛NGとは言い切れない部位もあります。脱毛サロンの方でも、VIOライン以外の部位に関しては生理中の施術を禁止していません。それでも生理中の脱毛を控えるべきなのは、肌トラブルのリスクがあるからです。月経期はお肌が敏感になっていますから、いつもより痛みを感じやすいことも考えられます。脱毛中の痛みや、脱毛後の炎症を考慮するならば、その他の部位も場合によっては脱毛NGと捉えましょう。

 
 

生理中は肌コンディションも低下中

肌コンディションも低下

肌コンディションが生理周期と関係しているのは、自分の体を一番よく知っている本人が理解しているところでしょう。女性の肌は、生理周期から大きく影響を受けています。
 
生理直前の約7日間は「黄体期後期」といい、最も肌の調子が悪くなる時期です。皮脂が増えて吹き出物ができやすく、紫外線にも敏感になっています。この時期は、脱毛に限らず肌を刺激するものは避けましょう。
 
そして生理が始まり月経期を迎えると、肌の調子はますます低下している状態です。体温が低いため血行が悪く、肌の乾燥が気になる時期でもあります。いつもより手厚いケアが必要です。やはりこの時期も肌を刺激することは避けましょう。
 
このように、私たちの体は生理直前の約7日間と生理中は、ベストな状態ではありません。脱毛サロンの予約は入れないようにしましょう。もし脱毛サロンの予約を入れるなら、肌の調子との兼ね合いで日取りを考えたいですね。もちろんVIO以外の部位に限ります。

 

脱毛におすすめのタイミングはいつ?

それでは、生理周期を考慮した場合、脱毛におすすめのタイミングはいつでしょうか。女性のお肌の調子がピークに達するのは、生理の次に訪れる7日間の「卵胞期」です。この時期は、女性ホルモン(エストロゲン)が多く分泌されてお肌も強い状態です。脱毛するならば、この時期がおすすめといえます。卵胞期を過ぎると、そこからまた徐々にコンディションが下降していきます。脱毛サロンの予約を取るなら卵胞期を中心に考えましょう。

 

おわりに

今回は、生理中や終わりかけの時期の脱毛についてお伝えしました。この時期のVIOラインの脱毛は衛生面で問題があるため控えましょう。それ以外の部位の脱毛は禁止されていませんが、肌トラブルを防ぐためにもなるべく避けるのが無難です。女性のお肌の調子は、生理周期と関係しています。脱毛サロンを予約するときは、月経期や肌コンディションを考えて決めましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。