2018.02.22ライフスタイル

食習慣を見直すならまずはここから!美肌に効果的な発酵食品の取り入れ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

発酵食品の取り入れ方
日々の食事と美肌には、密接な関係があります。どんなにスキンケアに力を入れても、体内環境がボロボロでは肌の調子も良くなりません。美肌を手に入れるためには、まずは毎日の食生活から見直してみませんか。簡単に取り入れられて、美肌に効果のある食材といえば発酵食品。今回は、キレイのカギを握る発酵食品のパワーに迫ります。

キレイな人はみんな食べている!発酵食品の驚くべきパワー

腸内環境の整備が美肌につながる

腸内環境の整備肌が必要とする栄養素は、腸から取り込まれています。まず腸をキレイにしなければ、栄養素を摂取しても十分に吸収できません。腸内環境を整えるのに欠かせないのは「腸内細菌」。代表的な腸内細菌といえば「乳酸菌」などの善玉菌が有名ですが、その善玉菌が豊富な食品といえば、発酵食品です。例えばキムチやヨーグルトに含まれている乳酸菌は、腸内の悪玉菌が繁殖しにくい環境を作り出してくれます。

また、発酵食品を摂取するとそれらに含まれる菌が腸を刺激し、便秘が改善されたりもします。

同時に血行を良くしよう

美肌を作る栄養素は腸から取り込まれますが、腸内環境を整えるだけでは十分ではありません。腸で吸収した栄養素は、血液に乗って肌へ届けられます。そのため、せっかく良い栄養素を吸収しても、血液が滞っている状態では肌まで行き届かないからです。血行を良くするために必要な栄養素は、「ビタミンE」や「鉄分」。これらの栄養素と発酵食品をどちらも効率良く摂取して、美肌作りに有利な体内環境にしていきましょう。

美肌に効果的な発酵食品はコレ!

それだけで摂取できる食品系

発酵食品時間がないときでも調理せずにそのまま食べられる手軽な発酵食品として、納豆、キムチ、チーズやヨーグルトなどがあります。発酵食品の優れている点は、発酵させることにより食材の栄養価が高まっているところです。例えば、納豆に含まれる栄養素の「ナットウキーゼ」は、原料の大豆には含まれていません。発酵させて納豆にすることにより生まれ、血液をサラサラにしてくれます。

他食材と組み合わせて摂取する調味料系

しょうゆ、味噌、みりんや酢、かつおぶしや塩麹などの調味料も発酵食品です。これらの調味料は、一般的に和食に多く使用されています。麹に含まれる「コウジ酸」は、美白効果も期待できる成分です。塩麹はお肉を漬ける調味料として使用できます。美肌のために、積極的に摂取しましょう。

ビタミンEや鉄が含まれる食材も積極的に

先ほどご紹介したように、発酵食品から取り入れた栄養素を肌に届けるには、ビタミンEや鉄も欠かせません。ビタミンEはうなぎやかぼちゃ、アーモンドなどに含まれ、鉄はレバーやあさりに多く含まれています。発酵食品だけでなく、これらの食材も積極的に摂取していきましょう。

組み合わせ次第で美肌効果がUP

納豆×キムチ

どちらも発酵食品の納豆とキムチ。キムチには乳酸菌が含まれ、納豆の成分は乳酸菌を増やすため、一緒に摂取することにより、さらなる腸内環境整備の効果が期待できる組み合わせです。

フルーツ×ヨーグルト

バナナやリンゴに含まれる「オリゴ糖」は、善玉菌のエサとなります。ヨーグルトに含まれる「乳糖」も、善玉菌のエサとなる成分。一緒に摂取することにより善玉菌がより活動しやすい環境を作り出し、腸内環境の改善につながります。

おわりに

今回は、発酵食品の魅力や相乗効果のある食材についてご紹介しました。身近にあるさまざまな食材が美肌を作ります。より効果的に美肌作りを目指すなら、今回ご紹介した発酵食品を取り入れて、体の中からもケアしましょう。もちろん、発酵食品ばかりに頼らず、さまざまな食材を取り入れることが大切。栄養バランスのとれた食事を心掛けてくださいね!

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。