2018.03.18ライフスタイル

愛用者急増?白湯にピッタリ☆おしゃれでレトロなやかん「鉄瓶」の使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おしゃれでレトロなやかん鉄瓶の使い方
近年、10代20代の女性の中に「鉄瓶」を愛用している方が増えています。「白湯を飲むのに使用している」「お湯を沸かすときは鉄瓶」など、毎日使用している女性も多いようです。

一昔前では当たり前のように使用されていましたが、ここ最近は「レトロな雰囲気がおしゃれで好き」といった女性たちにも支持されるようになりました。そこで、今回は鉄瓶の使い方や鉄瓶のメリットなどについてご紹介します。

ちょっぴりレトロでおしゃれな鉄瓶の使い方をマスターしましょう。

鉄瓶について

鉄瓶について
そもそも鉄瓶とはどのようなものなのでしょうか。概要や使い方について見ていきます。

鉄瓶とは

鉄瓶とは、お湯を沸かす際に使用する鋳鉄製の容器です。大きさは急須より少し大きいくらいですが、やかんと同じように火にかけてお湯を沸かします。

一昔前は一般家庭でもよく使用されていましたが、便利なポットや湯沸かし器が登場してからはしばらく日の目を浴びていませんでした。しかし、最近改めて人気がつき始めているのです。

鉄瓶の使い方

鉄瓶は実は少々手間がかかる分、使いがいがあって愛着が湧きやすいアイテムです。

新品で購入したときは、以下の手順を踏んで使用してください。

1.購入後、軽くすすいで2~3回お湯を沸かす

2.お湯を沸かす際にはふたを1~2センチほどずらす

3.お湯が沸いたらすぐにポットに移す

4.余熱で鉄瓶の水分を飛ばす

5.熱いうちに乾いた布で拭く(毎回ではなくてもOK)

6.使わないときは風通しの良いところに置いておく(さび防止のため)

また、基本的に全面が鉄なので、ヤケド予防として持ち手にカバーなどがついていることはありません。鉄瓶全体が非常に熱くなっているため、火にかけた後は厚手の布やミトンを使用して扱ってください。

鉄瓶のメリット

鉄瓶のメリット
手間のかかる鉄瓶。それでも使用するメリットとは何なのでしょうか。

お湯がまろやかになる

実は、鉄瓶で沸かしたお湯とやかんで沸かしたお湯にはまろやかさに違いがあります。

鉄瓶でお湯を沸騰させると塩素分が除去されるため、おいしいお湯に仕上がるのです。普段から健康を意識して白湯や湯冷ましなどを飲む習慣が持つ方であれば、せっかくですからおいしいものが飲みたいですよね。

健康や美容を気にする女性には、お湯の味わいは大きなメリットといえるでしょう。

長く使用できる

鉄瓶はきちんとメンテナンスをすれば、非常に長く使用することができます。決して安くはない買い物のため、長く大切に使いたいという気持ちは大きくなるでしょう。鉄瓶は、基本的に丈夫なので簡単に壊れることはなく、定期的に買い替える必要がないので、安心して長く使用することができます。

和室であればインテリアにも

和室であればインテリアとして楽しむことができます。

最近は和モダンなテイストの部屋も人気で、和の雰囲気を出したいという女性には、鉄瓶は立派なインテリアになるでしょう。

また、鉄瓶はさび防止のためにも、しまい込むより飾っておいた方が良いため、インテリアとして活用するだけで一石二鳥になります。

鉄瓶の白湯を飲むことで得られる効果

実は、鉄瓶で沸かしたお湯には鉄が溶け出されています。しかも、体内への吸収率が非常に高い鉄分なので、鉄瓶で沸かしたお湯は「鉄分補給」としてすぐれた飲みものなのです。鉄瓶を使えば、白湯健康法としての効果もさらに期待ができるでしょう。

普段の食生活では補いきれない鉄分をたっぷりと摂取するためにも、鉄瓶の使用はおすすめです。

おわりに

近年、高い世代の人だけでなく、10代20代の若い女性からも人気を集めている鉄瓶。レトロな見た目と、お湯のまろやかさ、そして鉄分補給のメリットなども注目されていて、これからも鉄瓶の人気は上がっていくでしょう。

そんな鉄瓶ブームに乗り遅れないためにも、今のうちに鉄瓶の使い方やメリットなどについてきちんと覚えておいてくださいね。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。