2017.06.06ライフスタイル

黒酢・リンゴ酢・レモン酢…飲むだけでOK?酢のダイエット効果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黒酢・リンゴ酢・レモン酢…飲むだけでOK?酢のダイエット効果

酢は、「体の疲れを取ってくれる美容にも良いもの」とよく聞きますよね。最近では、料理に使用する酢だけでなく、黒酢やリンゴ酢、レモン酢など、飲むだけでダイエット効果が期待できる酢も増えているのです。そこで今回は、酢のダイエット効果についてご紹介します。

酢にダイエット効果があるって本当?

酢に豊富に含まれているアミノ酸やクエン酸は、体の疲労を回復させる効果があると言われています。体の疲れがすっきり取れると、しっかりと体を動かして動くことができ、運動量が増えるため、ダイエット効果が期待できるのです。

では、どれくらいの摂取が目安なのでしょうか?
以下の量を目安に摂取してください。

  • 1日あたり30ミリリットル(大さじ2杯分)程度
  • 3度の食事で10ミリリットル(小さじ2杯分)ずつ摂取する(合計30ミリリットル)

この2点を意識して、飲める酢を試しましょう。

酢の種類を教えて!

一口に「酢」と言っても実にさまざまな酢があります。まず代表的な酢をご紹介します。

穀物酢

  • 米酢…米から作られた酢です。おすしや酢の物に使用され、まろやかな風味が特徴です。
  • 黒酢…米と麦が原料の酢です。黒酢はサプリメントに使われることもあり、ドラッグストアなどでサプリメントを見かけた方もいるでしょう。酢特有のツンとしたにおいは少なく、まろやかな風味とコクがあります。

果実酢

  • リンゴ酢…リンゴが原料の酢です。カリウムが豊富で、さっぱりとしたリンゴジュースのような風味があります。
  • ぶどう酢(ワインビネガー)…原料はぶどうです。ワインと似た渋みや香りがあります。
  • レモン酢…簡単に手作りできるレモンと酢から作られている酢です。レモンの酸っぱさが酢に漬けることでまろやかになります。

この中でも、ダイエットにピッタリと注目されている黒酢、リンゴ酢、レモン酢の3つについて飲み方やアレンジなどを紹介します。

酢をおいしく飲もう

酢をおいしく飲もう

ドリンクにしてフルーツと組みあわせるとまろやかになり、酸味が苦手な方でもジュース感覚で飲めるようになります。おすすめはプレーンヨーグルトやはちみつ、サイダーと混ぜるヨーグルトドリンクです。
このように他のジュースで割って飲むと、さらにバリエーション豊かに酢のドリンクを楽しむことができます。

酢を希釈して飲む場合は、商品の説明書の通りの濃度に薄めて飲みましょう。酢はそのまま飲むと酸っぱくてむせる上に、胃や食道にダメージを与える可能性があるからです。

レモン酢の作り方

レモン酢の作り方

黒酢やリンゴ酢は市販のものも多いですが、夏場にさっぱりと飲めるレモン酢は自宅で簡単に手作りできます。

材料…レモン1個、氷砂糖100グラム、酢200ミリリットル

  1. 果皮についたワックスなどを落とすために、レモンにお湯をかけながら、たわしで表面をきれいに洗う
  2. 洗ったら水気を取り、1センチの厚さで輪切りにする
  3. 耐熱瓶に氷砂糖とレモンを入れ、レモンが浸されるまで酢を入れる
  4. ふたをせずに電子レンジ(600w)で30秒加熱する
  5. 加熱後、ふたをして常温で12時間漬ければ完成

このレモン酢は1度作っておくと、冷蔵庫で1カ月保存できるためおすすめです。
レモン酢は飲む以外に、サラダのドレッシング代わりにすることで料理にも活用できます。

おわりに

飲むだけで疲れを取ることができる「飲む酢」は、夏場の水分補給にも活用できます。酢が苦手な方も、ヨーグルトやサイダーなどと合わせると飲みやすくなるため、ぜひ1度試してみてください。無理な運動でダイエットをするのではなく、適度な運動に酢を加えた規則正しい生活を送り、自然と痩せやすい体になって、スリムな体型を手に入れましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。