2018.02.21スキンケア

しっとりでもスッキリ!冬の乾燥肌にはクリームクレンジングがいい!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬の乾燥肌にはクリームクレンジング
毎日のメイク落としに、クレンジング剤を使用している方も多いでしょう。クレンジングといっても、オイルクレンジングやリキッドクレンジング、クリームクレンジングなど、さまざまな種類があります。中でも冬の乾燥対策にピッタリなのがクリームクレンジングです。そこで今回は、乾燥肌におすすめのクリームクレンジングについてご紹介します。

クレンジングの種類と特徴は?

オイルタイプ

オイルクレンジングクレンジングと聞いて、すぐに思い浮かぶのがオイルタイプのクレンジングではないでしょうか。オイルクレンジングでは、クレンジングに含まれている界面活性成分によって水と油を乳化させ、メイクを落とします。肌になじみやすく、濃いメイクも簡単に落とすことができるのが特徴です。

その反面、肌の油分を落としすぎて乾燥を招く恐れがあるので、敏感肌の方は注意しましょう。肌にオイルを残さないようにダブル洗顔を行うことをおすすめします。

リキッドタイプ

オイルタイプよりもサラッとした質感なのが、リキッドクレンジングです。リキッドクレンジングも洗浄力が強いため、ウォータープルーフなどの濃いメイクも落とすことができます。また、リキッドクレンジングの特性上、オイルクレンジングよりも界面活性成分が多く含まれています。肌に必要な油分や保湿成分を落としすぎないように気を付けましょう。

クリームタイプ

クリームクレンジングは、ミネラルオイルやワセリンなど、肌に優しい成分が多く含まれています。オイルタイプやリキッドタイプのクレンジングと比較すると洗浄力は少し劣りますが、肌への負担が少ないクレンジング剤です。敏感肌や乾燥肌の方でも安心して使いやすいといえるでしょう。

クリームクレンジングが肌に優しい理由

肌に優しいクリームクレンジングメイクをしっかり落とすために力を入れてクレンジングを行うと、摩擦が起こって肌に負担がかかります。しかし、クリームクレンジングにはある程度の弾力があり、クッション代わりとなってクレンジング時の肌への摩擦を軽減してくれるのです。肌への摩擦を軽減することによって、乾燥を防ぐ効果も期待できるでしょう。

また、クリームクレンジングは油分と界面活性成分のバランスが良く、適度な洗浄力を持っています。

クリームクレンジングを使用するときには、手のひらで少し温めると良いでしょう。手のひらで温めると油分がメイクとよくなじみ、落としやすくなります。ウォータープルーフのマスカラなど、濃い部分のメイクをしっかり落としたいときには、拭き取りタイプのクレンジングを使用したあとにクリームクレンジングを使うと良いでしょう。

自分の肌に合ったクレンジングを

クレンジング剤には、多くの界面活性成分が含まれています。もちろん、クリームクレンジングにも界面活性成分が入っているため、乾燥肌に優しいからというだけで選ぶのは避けましょう。メイクの度合いや肌質によって変わりますが、やはり自分の肌に合うものを選ぶことが大切です。

また、クレンジングの種類だけではなく顔の洗い方にもポイントがあります。肌の乾燥を招く要因の1つに、強く擦ってしまうことが挙げられます。そのため、どのタイプのクレンジング剤を選んでも、肌を優しくなでるようにクレンジングすることを心掛けてください。

おわりに

今回は、摩擦力が少なく洗浄力も高すぎない、肌に優しいクリームクレンジングについてご紹介しました。クレンジングは、スキンケアの中で大切なポイントです。クレンジングを怠ると肌の老化が進みやすくなるリスクがあり、肌トラブルの原因になりかねません。自分の肌に合ったクレンジング剤を選んで乾燥や肌トラブルを防ぎ、きれいな肌を目指しましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。