2017.12.11ライフスタイル

「悪い」歩き方は身体に悪影響?正しい歩き方を身に付けよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

正しい歩き方

自分の歩き方について意識したことはありますか?

通勤や通学、ショッピングやスポーツなど、日常生活の中では「歩く」というシーンが非常に多いですよね。しかし、その都度自分の歩き方を意識している、気にかけているという人は少ないでしょう。中には「悪い歩き方」が習慣化してしまい、体に悪影響を及ぼしている可能性があります。

今回は、体への負担が少ない「正しい歩き方」についてご説明します。

悪い歩き方による影響とは?

悪い歩き方の影響悪い歩き方を続けているとどのような影響がでてしまうのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

間違った体重のかけ方が「膝」「腰」「足首」を痛める

靴底を見ると、その人によって「靴底の内側が減っている」もしくは「靴底の外側が減っている」という特徴があります。これらは歩く際に、体重が内側にかかっている、逆に外側にかかっていることが原因です。

靴底の片側だけが極端にすり減ってしまう歩き方は、腰や膝などへの負担が大きいといえます。さらに習慣化されていると、慢性的な痛みを引き起こしてしまうこともあるのです。

 

かかとを引きずって歩くと筋肉が衰える

かかとを引きずる歩き方をしていると、ふくらはぎの筋肉が衰えてしまいます。ふくらはぎの筋肉をほとんど使わない歩き方を長く続けていると、引き締まった足から、たるみのあるだらしない足になってしまうことがあるのです。

さらに、つまずきやすくなってしまうため、思わぬケガを引き起こすことにもつながりかねません。

 

正しい歩き方とは?

それでは、正しい歩き方とはどのような歩き方なのでしょうか?

体に余計な負担をかけないことはもちろん、他の人から「歩く姿がステキ!」と思ってもらえると、自分にも自信が持てますよね。

早速、正しい歩き方をチェックしてみましょう。

 

足の着地はかかとから親指の付け根へ

基本的に、足の着地はかかとからスタートしている方が多いと思います。しかし、かかとで着地した後に、小指側に体重移動している、もしくはかかとを引きずるようにして歩いている人もいます。

正しい着地は「かかとから親指の付け根へ体重移動させること」といわれています。この着地方法であれば足の裏全体に体重を分散させることができるため、膝や腰への負担が少なくなります。

 

後ろ足は地面を押すイメージ

歩いているとき、必ず片足は自分の後ろ側にありますよね。後ろ側にある足の膝はなるべく伸ばすことを心掛け、指の付け根全体で地面を押し出すイメージで前に進んでみましょう。

適度に足の筋肉を刺激できますし、美脚効果を狙うことができます。

 

正しい歩き方によるメリット

正しい歩き方のメリット正しい歩き方のメリットは「体への負担が少ない」以外にもまだあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

スタイルが良く見える

歩き方を意識すると、自然と背筋や腹筋にも力が入ります。だらっと猫背気味に歩いている姿と比較すると、正しい歩き方をしている方がスタイル良く見えます。また、体全体の筋肉を使うようになるため、ウエスト周りや背中などのシェイプアップ効果にもつながるでしょう。

 

美脚効果が狙える

正しい歩き方は、ふくらはぎや太もも、おしりの筋肉を適度に使います。そのため、筋肉を刺激することができ、美脚効果も期待できるのです。

美脚効果を狙うなら、正しい歩き方の他に脚の脱毛もしておけば、さらに自信をもって歩けるでしょうから、美脚にもより一層近づけることでしょう。

 

おわりに

毎日行っている「歩く」という動作。普段、歩くという動作をあまり意識していないという女性は、靴底の減り方をチェックしたり、誰かに歩く姿を見てもらうと良いでしょう。

「最近体の調子が悪い」「下半身がたるんできた気がする」という場合は、もしかしたら悪い歩き方が原因かもしれません。正しい歩き方を覚えたら、早速今日から取り入れてみてください。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。