2018.03.23脱毛器

自宅で脱毛機器(脱毛家電)を使うときの考えられるトラブル・注意点は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自宅で脱毛機器を使うときの注意点
「自宅で手軽に脱毛をしたい」と考える女性は多いことでしょう。最近では、プロレベルの脱毛器も数多く販売されていて注目されています。しかし、こうした脱毛器はトラブルが多いのも事実。実際に利用を検討している方は、購入する前に考えられるトラブルや注意点などについて把握しておく必要があります。思わぬ事故やケガなどを引き起こさないためにも、事前に考えられるトラブルや注意点などチェックしておきましょう。

家庭用脱毛器とは?

家庭用脱毛器にはさまざまな種類が存在しますが、比較的多く使用されているのがIPL脱毛器(光脱毛器)です。特殊なライトが、ムダ毛のメラニンに反応して毛を減少させる効果に期待ができるでしょう。IPL脱毛器は、ほとんどのサロンで使用されているため、多くの女性に知られています。しかし、家庭用のIPL脱毛器にはさまざまなリスクがあるのです。

光(IPL)脱毛器の注意点・考えられるトラブル

光(IPL)脱毛機器の注意点
IPL脱毛器の注意点や考えられるトラブルにはどのようなものがあるのでしょうか?

やけどするリスクがある

家庭用のIPL脱毛器を使用する場合、説明書を見ながら自分で出力の強さを調整する必要があります。調整を誤るとやけどをして肌を傷つけてしまうリスクがあります。

打ち漏れの恐れがある

自分で脱毛器を使用する場合、打ち漏れの可能性も十分に考えられます。使用に慣れている女性であっても、手が届きにくい部分や見えにくい部分は打ち漏れが多く、完璧な脱毛は難しいことでしょう。処理できたと思っていても、実際はムダ毛がびっしり残っていた……なんて可能性もあります。

脱毛サロンより出力が弱い→効果実感まで時間を要する

家庭用の脱毛器は、安全を考慮して脱毛サロンよりも出力が弱い傾向にあります。そのため、脱毛できたと実感するまで時間がかかることが少なくありません。「早く脱毛を終えたい!」という方にとって、家庭用の脱毛器は不向きである可能性があるでしょう。

説明書に従うことが大前提

基本的に、家庭用の脱毛器は説明書に従うことが重要です。早く効果を実感したいから、とメーカーの想定していないペースで使用することにより肌トラブルを引き起こす可能性があります。自己流での使用や、説明書の記載を守らずに使用することは避けましょう。

家庭用のIPL脱毛器は自宅で脱毛できて便利ですが、リスクがつきものです。きちんとリスクも理解した上で安全に使用する必要があります。

脱毛サロンも検討してみる

脱毛サロンも検討してみる
脱毛をしたいのであれば、ぜひ脱毛サロンの利用も検討してみましょう。

プロの手により確実に処理してもらえる

プロの目と技術で確実に脱毛してもらえるのがエステの魅力です。打ち漏れややけどの心配もほとんどありません。自分の手が届かないところ、見えにくいところなどはやはり自分で対応するより、プロにお任せした方が安心できるでしょう。

また、効果が実感できるスピードも、家庭用の脱毛器と比較すると早いため、「短期間できれいになりたい」という女性におすすめです。

適宜アドバイスやアフターフォローを受けることができる

プロによる美肌のアドバイスや、脱毛に関する知識を教えてもらえますし、脱毛後のアフターフォローも受けることができます。安全・確実にすべすべの肌になるためにも、やはりプロの意見をしっかりと聞いておくことをおすすめします。

おわりに

家庭用脱毛器は、手軽で、機器を購入すれば何度でも使用できるため、コスパが良いというメリットがあります。しかし、肌トラブルのリスクや効果実感までに要する時間を考えると、あまりおすすめできないのも事実です。せっかくツルスベ肌を目指すなら、安全で確実な脱毛サロンの利用を検討してみてください。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。