2017.02.15スキンケア

意外と目立つ?アホ毛の原因と直し方&予防法を教えて!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アホ毛の原因

 
頭頂部からぴょこんと飛び出している 「アホ毛」。しっかりヘアメイクした時にアホ毛があると、だらしない印象になってしまいます。今回は、そんなアホ毛の原因と、アホ毛ができてしまった際の治し方&予防法についてご紹介します。意外と目立つアホ毛の対策をして、思い通りのヘアスタイルを実現しましょう。

 
 

アホ毛とはどんなもの?

ヘアメイクをした時に、分け目のあたりから短い髪の毛がぴょこんと出ているのが気になったことがないでしょうか?アホ毛とは、このはねた短い髪の毛のことです。また、髪の毛をアップにしたり束ねたりした際、表面からはみ出してはねてしまう短い毛も、アホ毛の一種です。
 
それほど気にしていない方もいらっしゃるかもしれませんが、アホ毛があるかないかでヘアスタイルの印象に差がついてしまいます。バッチリと決めたはずのヘアメイクなのに、こんなところからアホ毛がはみ出している!と、焦ったことがある方は、ぜひアホ毛の対策をしてみるのをおすすめします。

 
 

アホ毛ができてしまう原因とは

髪質が硬くて太い方は、よりアホ毛ができやすいと言われています。まだ伸びている途中の短い髪の毛か、あるいはダメージによって途中でちぎれてしまった髪の毛(切れ毛)が、アホ毛になりやすいとされています。成長途中の髪の毛はケアするのは難しいかもしれませんが、それに比べて切れ毛は対処ができそうですよね。
アホ毛が増えるのを防ぐためにも、その原因となる切れ毛のケアに力を入れていきましょう。

 
 

アホ毛の直し方と予防法について

それでは、すでにはねてしまったアホ毛の直し方と、これ以上アホ毛を増やさないための予防法についてお伝えします。

 

発生してしまったアホ毛の直し方

アホ毛の直し方

すでに発生してしまったアホ毛を目立たないようにするためには、スタイリングの方法を変える方法があります。例えば、縮毛矯正やストレートパーマによって、髪の毛をまっすぐに整えるという手があります。反対に、ふわふわのパーマをかけて、アホ毛が目立ちにくいヘアスタイルにしてしまうのもアリでしょう。また、そこまでするのはちょっと、という方には、手軽にヘアメイクの仕上げとしてスタイリング剤を使うことをおすすめします。そうすれば、アホ毛をなでつけてまとめることができます。

  

アホ毛を増やさないための予防法

増やさないための予防法

これからアホ毛を増やさないための予防法としては、規則正しい生活を送ることと、髪の毛へのダメージを少なくすることの2つが挙げられます。
  
生活など関係あるのだろうか?と思われるかもしれませんが、食生活の偏りや睡眠不足は、髪の毛の健康を損ねる原因です。バランスの良い食事をするとともに、日々十分な睡眠を取り、内側から髪の毛の健康を守りましょう。
  
髪の毛のダメージをなるべく少なくするために、毎日のヘアケアにも注意してみてください。髪の毛を乾かす際には、優しくタオルドライした後にオイルを馴染(なじ)ませ、頭からドライヤーを離した状態で乾燥させましょう。また、現在使っているシャンプー&コンディショナーを見直して、ダメージケアに特化したものへ変えてみてもいいかもしれません。それから、特に夏場は強い紫外線を避けるため、日傘や帽子を使用するようおすすめします。

  

おわりに

今回は、意外と目立ってしまうアホ毛の原因と、その予防と対策についてお伝えしました。せっかくヘアメイクをしても、アホ毛があるのとないのとでは仕上がりに差が出てしまいます。アホ毛をなるべく目立たせないスタイリングを心がけるとともに、これ以上アホ毛を増やさないための予防にも力を入れてください。毎日の洗髪や乾燥の習慣が、思いがけず髪の毛にダメージを与えていることもあります。生活習慣やヘアケアを見直して、きれいな髪の毛を目指しましょう。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa
coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
The following two tabs change content below.
株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。