2018.04.28脱毛全般

私だけ?女性なのに剛毛・毛深いのが悩みです……

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「女性なのに毛深い……」「自己処理してもすぐに濃く生えてくる」など、ムダ毛の剛毛・毛深さに悩む女性も多いでしょう。これは生まれ持った体質だから仕方ない、と諦めてしまう方も少なくありません。しかし、女性なのにムダ毛が剛毛だったり毛深かったりすることには意外な理由が隠されています。そこで今回は、剛毛・毛深くなる理由と対処法についてご紹介します。

 

剛毛・毛深いのはなぜ?

女性が男性のように剛毛だったり、毛深かったりするのはどうしてなのでしょうか。

 

体毛が剛毛・毛深い理由には、「遺伝」という生まれつきのもので自分ではコントロールできない部分が関係している一方、「ホルモンバランス」も原因の1つとされています。

中でも体毛は、体内のホルモン環境が乱れて「男性ホルモン」が優位な状態になると、体毛が濃くなるようです。男性の体によく生える口周りやおなかの毛、胸毛が女性の体に生える現象も、男性ホルモンが深く関係しています。

 

もちろん、女性の体に男性ホルモンが存在していることは普通のことであり、体毛が濃くなる現象も誰にでも起こる可能性があります。

 

女性なのに男性ホルモンが増えるのはなぜ?

では、なぜ女性の体内で男性ホルモンが多く分泌されるのでしょうか。いくつかの原因が考えられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

年齢

男性ホルモンが優位になる原因の1つに「年齢」が挙げられます。特に、更年期前後や閉経後の年代から男性ホルモンが増加する傾向にあるため、年を重ねるごとに剛毛になったり、毛深くなったりする可能性も。女性ホルモンの分泌が盛んな10~20代の女性の場合、年齢が原因である可能性は低いでしょう。

 

ストレス

学校や仕事、人間関係や将来のことなどで悩み、多くのストレスを抱えている女性も少なくありません。こうした日々のストレスは、自律神経のバランスを乱します。自律神経のバランスが崩れてしまうと、女性ホルモンの分泌量が減り、結果として男性ホルモンが増加傾向になるのです。

 

生活習慣

生活習慣も男性ホルモンの増加に影響しており、特に「食生活」は分泌量を左右する重要ポイントです。バランスの悪い偏った食生活をしていると、体内で男性ホルモンが分泌されやすくなります。体毛の毛深さを改善したい女性は、まず食生活の見直しから初めてはいかがでしょうか。

 

剛毛・毛深さをなんとかしたい!その対処法は?

最後に、剛毛・毛深い方に対処法として3つご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

 

1.ストレスをためない

まずは、「ストレスをためない」ことが大切です。友達とショッピングをする、スポーツをして汗を流す、お風呂にゆっくり浸かるなど、自分なりのストレス発散法を見つけましょう。好きなことやリラックスできることを定期的に行うことで、ストレスを解消してください。

 

2.生活習慣を見直す

規則正しい生活を送るよう、食生活や日常生活で乱れているポイントがないか見直します。特に食事内容には要注意。栄養のバランスを考えた健康的なメニューがおすすめです。

また、女性ホルモンと似たような働きをする、「大豆イソフラボン」を豆腐や納豆から摂取するように意識すると良いでしょう。

 

3. ムダ毛を脱毛する

どうしても剛毛・毛深さが気になって仕方がない場合、思い切って脱毛を受けることをおすすめします。

「SHR方式」を導入しているサロンなら、一般的なレーザー脱毛やフラッシュ脱毛などに比べ、短期間で脱毛が終了します。例えば全身脱毛の場合、これまで3年ほどかかっていたところSHR方式では3~6分の1の期間でムダ毛が気にならなくなります。そのため、「早く何とかしたい!」という女性にピッタリです。

 

おわりに

体毛が剛毛だったり毛深かったりする体質は、女性にとって深刻な悩みになりかねません。「今すぐにでも改善したい」という女性も多いと思いますが、まずは生活習慣や食事のバランスを整えて、男性ホルモンの増加を防ぐことが大切です。ムダ毛が気になる場合は、サロンでの脱毛を対処法の1つ。SHR方式の脱毛法なら、従来の脱毛より卒業までの期間を短くすることができます。ぜひ検討してみてください。

 

株式会社メディビューティー 脱毛サロン ラココ

脱毛女子通信ダツモは、全身脱毛なら早い、安い、痛みゼロの脱毛サロン「ラココ」が発信する脱毛・美容情報コラムです。脱毛全般や部分別脱毛、スキンケアやライフスタイルなどお役立ち情報を発信します。

脱毛サロンLa cocoのご利用がはじめての方(女性)専用予約フォーム

脱毛サロンLa coco ご予約フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加