LACOCO COLUMN

脱毛
2023.7.25
うぶ毛・薄い毛は?脱毛できる範囲

脱毛サロンやクリニック脱毛はすべての毛が対象になるとは限りません。全身脱毛といっても施術できない部位もあります。どんな毛が対象になるのか、施術できる部位はどこなのか、気になる方はぜひ参考にしてくださいね。

産毛・金髪は脱毛方式によっては効果がでにくい

産毛や金髪などの色素が薄い毛は脱毛サロンによっては「施術できません」と断られてしまいます。

その理由は、脱毛方式にあります。サロンの脱毛のほとんどは「IPL」と呼ばれる光を照射することでムダ毛を減らします。IPLを照射する方法にはIPL方式とSHR方式の2種類があります。IPL方式ではメラニン色素に反応する光を照射する方式です。SHR方式はパワーが低い光を連射してムダ毛を作る毛包という組織全体に熱エネルギーを与えてムダ毛を減らします。

したがってIPL方式の脱毛サロンでは産毛や金髪は効果がありませんが、SHR方式であれば産毛や金髪にも効果があります。ラココの脱毛はSHR方式ですので、産毛や金髪の効果も◎!産毛や金髪も脱毛したいなとお考えの方はお気軽にお問い合わせください♪

粘膜やホクロなど脱毛できない部位一覧

全身脱毛であっても施術ができない部位はあります。ここではお客さまからよくいただく質問をもとに、脱毛できない部位について説明しますね。

まぶたや目の周り

基本的にレーザー脱毛や光脱毛はまぶたの施術はできません。また眉下についても照射の角度によっては、トラブルが発生するリスクがあるため施術を不可としているサロンやクリニックが多い傾向です。ただしニードル脱毛を行っているサロンやクリニックでは眉下についても受け付けていることがありますので問い合わせてみましょう。

乳輪や乳首

乳首はいずれの脱毛方法でも施術ができない部位です。乳輪は他の皮膚と比較すると、色が濃いためIPL方式や熱破壊式の脱毛機での施術は受けられません。乳輪の内側まで施術が可能なのは、SHR方式やニードル方式の脱毛です。おもにサロンで施術を受けられます。ラココでも乳輪の脱毛を行っています。

VIOの粘膜部分

VIO脱毛の際に、粘膜部分はどんな脱毛方法でも施術は不可です。粘膜は皮膚が薄く、光やレーザーを照射するとヤケドなどのトラブルが生じるおそれがあります。VIOとは粘膜とは皮膚の質感が変わる部分です。ほとんどの方はVIOの粘膜部分にはムダ毛は生えていません。

ホクロ

ホクロはメラニン色素が集まってできたものですので、IPL方式や熱破壊式の脱毛機では施術できません。SHR方式や蓄熱式の脱毛機はホクロにも対応しています。ラココではホクロに光を照射できますので、ホクロ毛で悩んでいる方はぜひお問い合わせください。

日焼け肌

日に焼けた肌は、IPL方式や熱破壊式では脱毛できません。光やレーザーが肌の色に反応してトラブルが起きてしまいます。しかし、SHR方式の光はメラニン色素に反応するタイプではありませんので、日焼け肌の脱毛も可能です。

ただしどの脱毛方法も日焼け直後のヒリヒリした肌の施術はできません。脱毛期間中は日焼けしないように、必ず日焼け止めを使いましょう。

ラココの脱毛ならNGが少ない! 産毛も金髪も乳輪もホクロ毛も抜きたい方はラココに!

ラココの脱毛は最新のSHR方式です。これまで説明したようにSHR方式なら、IPL方式のサロンから断られるこんなムダ毛やムダ毛も脱毛できます。

・金髪、産毛
・乳輪の毛
・ホクロ毛
・日焼け肌

産毛までキレイにしたい、ホクロの毛をなくしたいと考えている方はぜひラココにご相談ください。ラココの脱毛の特徴はこちらです♪

  • ・日焼け肌、色黒肌、ほくろの毛、うぶ毛、色素の薄い毛も対応可
    ・ワキなら1分程度、全身脱毛でも最短30分で施術時間が短い
    ・毛周期に関係なく毎月施術可能なので、期間は早ければ半年〜1年で終わる
    ・痛みがほぼゼロ
    ・肌トラブルがほぼない
    ・冷却ジェル不要でヒヤッとせず、施術時間も短いので体が冷えない
    ・費用は比較的安め

NGなしで全身をまるっとキレイにしたい方は、ぜひラココのカウンセリングを受けてみてくださいね。

# カテゴリー/タグ