LACOCO COLUMN

脱毛
2023.9.5
脱毛サロンで施術する前に必要な準備とは

脱毛サロンでの脱毛は基本的にエステティシャンが全部行います。お客さまはベッドに横になるだけでオッケー。眠ってしまう方も多いんですよ。でも、少しだけ自宅でも準備が必要です。
そこで今回は、脱毛サロンの施術前にお客さまに行っていただく準備についてお届けします。
脱毛サロンに行く前はどうしたらいいの? と悩んでいる方はぜひ参考にしてくださいね。

施術の前日までに施術部位をシェービング

光脱毛やレーザー脱毛はムダ毛が体の表面に1mm程度でている状態で行うのが基本です。しっかりムダ毛が生えた状態で光やレーザーを当てると、ヤケドなどの肌トラブルが発生するおそれがあります。

前日までにシェービングをお願いする理由はお肌へのダメージの軽減です。シェーバーによる自己処理はお肌にダメージを与えます。当日にシェービングをすると、ダメージからお肌が回復する前に脱毛によるダメージもプラスされてしまいます。とはいえ、忘れてしまったときは当日に剃っていただいても大丈夫ですよ!

背中やOライン、うなじなど手が届かない部位はサロンでシェービング

脱毛の施術前は自己処理をしておくことが基本ですが、手が届かない部位についてはサロンのエステティシャンが無料でシェービングしてくれます。無理に剃ろうとしてケガをしたら大変ですので、プロにお任せくださいね。

とくにうなじは手が届きそうではありますが、髪の毛部分まで剃ってしまうとジョリジョリに。髪の毛は脱毛の施術ができませんので、剃ってしまった部分の髪の毛が生えてくるまで見た目も触り心地も悲しいことになってしまいます。

シェービングは電気シェーバーで! 脱毛クリームやワックス、毛抜きは使わないで

施術前のシェービングには少しだけ決まりごと、お願い事があります。

・シェービングに使用するのはI字タイプの電気シェーバー
・T字の複数刃カミソリは使わないで
・除毛クリーム、ワックス脱毛、毛抜きはNG

脱毛の施術前のシェービングはできるだけI字の電気シェーバーを使ってください。なぜならば、電気シェーバーはお肌への負担が最小限だから。お肌に歯が当たりにくいためお肌に大きなダメージが残りません。

またI字の電気シェーバーは深く剃れませんので、毛穴の中の毛は残ります。脱毛方式によっては毛穴の中に毛が残っていると脱毛の効果が出やすいこともあるんですよ。

除毛クリームやワックス脱毛、毛抜きによる自己処理はムダ毛が毛穴の中からかなり減ってしまいますので、脱毛前の自己処理としてはNGです。これらの方法はお肌への負担が大きいので、脱毛期間中は避けたほうがよいですよ。

脱毛期間中は毎日自宅で保湿を!

脱毛サロンでの施術前も施術後も欠かせないのが保湿です。脱毛の施術によってお肌が乾燥してしまいますので、毎日の保湿が必要です。お肌が乾燥しているということは、お肌にダメージが入りやすいということ。脱毛期間中もキレイで健やかなお肌を保つためには日々の保湿が必須です。

また十分に潤ったお肌は脱毛の効果が出やすく、痛みを感じにくい傾向。脱毛サロンに通う直前だけではなく、脱毛をスタートすると決めたら日々の保湿を始めてくださいね。

保湿は化粧水と乳液のセットが理想的ですが、ボディ用の化粧水やクリームだけでもオッケーです。大切なのは飽きずに保湿を続けること。あなたが面倒にならない方法で保湿してくださいね。

体の内側からの潤いも大切! 水分補給も忘れずに

人間の体の70%は水でできています。顔や体の乾燥は、化粧水やボディクリームである程度改善できますが、体内への水分補給も忘れないでくださいね。生まれたての赤ちゃんはミルクの量が足りなくなると唇や顔のお肌がカサカサしてしまいます。それほど水分の摂取量にお肌の状態が左右されてしまうんです。

脱毛しているかどうかを問わず、お肌のために意識的に水分をとってくださいね。1日の水分の摂取量は1日に2リットルというのが定説。お水や麦茶などノンカフェインで糖分が含まれない飲み物を飲んでくださいね。

施術の準備ができたらラココに連絡を!

脱毛の施術前にやるべきことがわかったら、ラココに連絡してくださいね。ラココでは全身脱毛やオーダーメイド脱毛、部位別脱毛など多彩なプランを取り揃えています。最近では、他のサロンやクリニックに通っている方がぞくぞくと乗り換えているんですよ。痛みもなく、お肌をキレイにしながら脱毛できるラココの癒しの脱毛をぜひ体験しにきてください。

# カテゴリー/タグ