LACOCO COLUMN

脱毛
2023.10.23
急に生理になっちゃった! 脱毛サロンの予約はどうすれば?

お腹や頭が痛くなったり、気分がどんよりしたりする生理。できれば脱毛サロンの予約日は生理日を避けたいですよね。とはいえ突然生理が来ることもあります。脱毛サロンの予約当日に生理が来たらどうすればよいのでしょうか。
ラココのスタッフがわかりやすく解説します。

脱毛サロンの予約当日に生理が来ることって珍しくない?

女性の平均的な生理周期は25日から38日。生理の持続期間は3日から7日程度ですので、脱毛サロンの予約当日に生理が重なってしまうことはよくあることです。

あらかじめ生理周期にあわせて予約をとっていたとしても、生理周期がずれてしまうことも珍しくはありません。『ルナルナ』の運営会社が行った調査によると、生理周期が7日以上ずれたことがある方は全体の30.9%、生理周期が不安定と自覚している方も22.8%。

生理周期に注意して脱毛サロンの予約をとっても、生理と脱毛の日が重なってしまうのは仕方がないことと言えます。

【参考サイト】
公益社団法人日本産婦人科医会:正常な生理(月経)の目安を教えてください!
株式会社エムティーアイ:「生理不順について」の調査結果

脱毛サロンの予約当日に生理が来たら施術できない?ほんとのトコロを解説

では脱毛の予約当日に生理が来てしまったらどうすればよいのでしょうか。実際どうすればよいのかをチェックしておきましょう。

脱毛の施術自体は生理でも問題なし

脱毛サロンの光脱毛は生理中であっても施術できます。ただ生理痛でお腹が辛かったり、頭痛がひどかったりと体調がよくないときは、脱毛の施術を受けると体調が悪化してしまうことがあります。「しんどいな」と感じるときは、自宅でゆったりと休んだほうがよいですよ。

生理中はVIOやお尻の施術はNGのケースがほとんど

腕や背中、顔などの脱毛は生理中であっても問題はありませんが、VIOやお尻はNGとしているサロンがほとんどです。ラココでも生理中のVIOやお尻は、皮膚トラブルや感染症等のリスクがあることから施術はできません。

脱毛サロンの生理時のキャンセルルール

ほとんどの脱毛サロンでは、キャンセルのルールが決められています。基本的にはどのサロンでも、キャンセル可能な日時が設定されています。そしてその日時を過ぎてからキャンセルをするとペナルティが発生することも。代表的なペナルティはこちらです。

・キャンセル料を支払う
・施術回数1回分消化

ペナルティがキャンセル料のみの場合は支払ったほうがお得

脱毛サロンのキャンセルのペナルティがキャンセル料だけであれば、キャンセル料を支払ったほうがお得です。平均的なキャンセル料は2,000円から3,000円。コース契約の金額にもよりますが全身脱毛であれば1回あたりの費用は2万円から3万円ですので、キャンセル料を支払って施術回数が消化されないほうがお得ですよね。

施術回数が1回分消化されるサロンは必ず連絡を忘れないで!

キャンセルの期日までに連絡をしなかったときに、施術回数が1回消化されてしまう脱毛サロンは要注意。脱毛1回あたりの価格は安いとはいえませんので、連絡を忘れないようにしましょう。生理中でもVIO、お尻以外は施術できるサロンであれば、1回消化されてしまうくらいならその他の部位だけ施術を受けてもよいですね。

生理でVIOやお尻のみ施術できなかった場合の回数消化

全身脱毛などのコースを契約しているお客さまの場合、VIOやお尻を除いた部位は施術できます。では施術できなかったVIOやお尻はどうなってしまうのでしょうか。この場合の回数消化の考え方は脱毛サロンによって異なります。

VIOやお尻の施術ができなくても1回消化とするサロンもあれば、施術できなかった部位だけ別日に振り替えてくれるサロンもあります。あらかじめ確認しておくとよいですよ。

生理に不安がある方は、生理でも施術可能なサロンやキャンセルしやすいサロンを選んで!

生理の周期が不安定であったり、生理期間が長かったりして脱毛の予約の日に生理が来る可能性が高い方は、脱毛サロン通いが不安になりますよね。

そんなときは、生理でもVIOやお尻以外は施術できるサロンや、キャンセルのルールが厳しくないサロンを選んでみては?

ラココではキャンセルは前日の午後6時まで受け付けていますし、当日キャンセルのペナルティは2,000円のみ。生理のときも柔軟にスケジュールを調整できますのでご安心ください。

# カテゴリー/タグ